ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、
いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2018年11月14日水曜日

帯津先生による「養生塾・いのち学」が開催されました。

2018年第3回
養生塾・いのち学
帯津良一先生



2018年11月9日~14日には
帯津良一先生による「養生塾・いのち学」が開催されました。

養生塾では、「ときめきある人生の過ごし方」、
いのち学では、「大ホリスティックな時代を築くために(免疫学と時空を超えて拡がる<いのち>の場)」というテーマで
帯津良一先生より学びを頂きました。

また、車座交流会Q&Aとして、
日頃気になっていること・主治医に聞けないこと・
薬・手術・健康食品・サプリメント・病との付き合い方・
心の持ち方・生きがい・ホメオパシー治療・死生観・悩みなど、
様々なことを帯津先生に質問させていただきました。

そのほかにも、新呼吸法 気功「時空」を直接ご指導いただいたり、
帯津先生を囲んでの懇親会なども行われました。

また、NHKシルクロードでおなじみの喜多郎さんにもお越しいただき、
とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

帯津先生、ありがとうございました。
ご参加いただいた皆さまの感想文をご紹介させていただきます。




【M.Y.様】
今回も居心地の良い、穏やかで豊かな5日間でした。
帯津先生と参加者お一人お一人との真剣なやりとりは、
病に立ち向かうというだけではなく、
人間として現在の自分を改めて見つめ直すことの大切さを教えてくれた気がします。
水輪に参りますと、単にリフレッシュするというのではなく、
普段は忘れてしまっている、自分を内省するという作業を
自然に行なっている自分に気づかされます。
自然の景色の美しさ、空気の清浄さ、スタッフお一人お一人の誠実さ、
そして何よりも水輪という場の持っている測り知れないエネルギー。
この中に身を置けることで、日常を省みることなく過ごしている自分を
振り返れる時間をいただいている…。
これから先も、この水輪が水輪で在り続けていて下さるよう願っています。
今回も、本当にありがとうございました。

【M.O.様】
主人と共に学んできたことの中の「食」と「住」の点で
願い通りのあこがれの中味を体験させていただきました。
・ハイジとアンがひょっこり飛び出してきそうなここいのちの森水輪。素敵でした。
四日間、心も体もウキウキ。いっぱい元気エネルギーをいただきました。
・農薬・化学肥料など使わない人間らしい農作業を展開してくださっていることを
お伺いし、もう嬉しくて嬉しくて、帰ったら主人に報告したいこといっぱいです。
・研一先生、みどり先生のお話、胸にたっぷりいただきました。
これも友にしっかりお伝えしたいと思います。
・帯津先生のお教えも感激することばかりでした。気功の実演も本当にうれしいです。
・毎回のお食事のお料理がおいしくて、楽しくて、興味ありで
楽しい楽しい時間でした。特にそばがきをスープに浮かばせていただくのは
思いがけず早速主人にごちそうします。ありがとうございました。

【M.K.様】
初めて参加させていただきました。
紅葉がきれいで、朝少し散歩しましたが、心が洗われるようでした。
病気になって心の持ち方など教えさせられました。
皆さんのお話を聞いたり、先生のお話の中で、なんかヒントがあればと思いました。
この講座を機会に、これからの生き方を考えたいと思います。



<こちらもあわせてご覧ください!>