ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2018年8月28日火曜日

宮島基行先生による「心の探求 般若心経」が開催されました。

平成30年8月24日(金)~26日(日)まで、
高野山真言宗阿闍梨で、南山進流声明第一人者である
宮島基行先生による「心の探求 般若心経」が開催されました。

















宮島先生、ありがとうございました。

ご参加いただいた皆さまのご感想をご紹介させていただきます。

*****
【M.N.様/埼玉県】
この度は3日間貴重な研修に参加させていただきありがとうございました。
宮島先生の研修は3度目ですが、来る度に素晴らしい仏様の智恵に触れ、
今後の日常生活の中のヒントを得たように思います。
濃密な時間を皆様と共に過ごすことができ、ひとつ宝物が増えたような気が致します。

今できると思っても30年後の自分が今を見れば
全くできていないことになるという教えを肝に銘じて
日常を送ってゆきたいと思いました。

また、水輪の皆さんの対応が素晴らしく、年々進化を遂げていると感じます。
コーラスや踊りを見させて頂き、一人一人に多大な可能性を感じました。
これからも水輪の発展を祈念してやみません。

【T.O.様/新潟県】
宮島先生のご講義は初めての経験でした。
日頃より仏壇に般若心経の経本を置いてありましたが
唱えることもなく、なにげなく線香をあげ灯をともしていました。

今日、お話を伺い心に響くことばかりで
日常の生活すべてが仏事と深くかかわっていることを教えていただき感謝しています。

特に参加者のみな様と教本を唱え心が一つになった瞬間は
幸せな気分に浸ることができました。
また、先生とご一緒に戸隠神社参拝ができたことや
みな様と神社で経本を唱えた体験はとても貴重なものとなりました。

ここで経験した事や感じた事教えていただいたことをこれからの日常に生かしていきたいと思います。大変ありがとうございました。

【N.T.様/東京都】
学ぶことの難しさを感じました。
「振り向いてはいけない」と教えていただいたそばから、
振り向いてしまっていた自分に気づいて唖然としました。

先生が不殺生のご説明をしてくださった時に
つい蚊を殺してしまう自分から、何度も失敗を繰り返しながら、
いずれ、やり過ごしていく自分へ変化していくことを教えてくださりました。

学びを自分の身に定着させて、はじめて学んだことになるのだと気付きました。
お経を念ずることや色々な作法全てが、
仏様の教えを自分の身に定着させるための訓練方法なのかもしれないと思いました。

今回教えていただいたことを、少しずつ一歩一歩定着させて、
今生でのやり残しを1つでも少なくしていいくような生き方を
していきたいと思いました。宮嶋先生ありがとうございました。

【Y.H./神奈川県】
宮嶋先生の「心の探究」のセミナーは7年振りの参加です。
心や意識の学びは尽きることがないということを強く感じました。
先生のご講話は色々な角度からそして深く大変心を動かされました。
改めてこの様な機会が持てましたことへの喜びと感謝で一杯でございます。

水輪は居心地がとても良く幸せな気持ちになります。
隅々まで気くばりがなされており、
小さなことまでもおろそかにしないということは全てにつながるような気が致しました。

今回は農園もご案内して頂き、
スタッフの青年の活き活きとした説明と素晴らしい植物達に感謝ですし、
お食事でそれを頂くことができましたことも喜びです。
少しでも1ミリでも成長していくことが
恩返しになるのではないかという思いでございます
ありがとうございました。




















2018年8月7日火曜日

帯津良一先生による「養生塾・いのち学」が開催されました!

帯津三敬病院名誉委員長、日本ホリスティック医学協会名誉会長である帯津良一先生の、「養生塾・いのち学」が7月27日~8月1日にかけて行われました。

第2回目のテーマは、「悔いのない人生を生きるために」。
帯津先生、ありがとうございました。


セミナーにご参加いただいた皆様の感想文をご紹介いたします。

☆帯津良一先生基調講演
「悔いのない人生を生きるために」。道を楽しんでいく人は道は長し。煮えたぎるものがあるか?とても響く言葉でした。ただ日々を送っている人々に囲まれた生活の中で、忘れがちになりますが、改めて、“ときめくもの”について考えてみようと思いました。(S.M.様)
帯津先生の講演は、あちらこちらで何年か聴かせていただいているのですが、先生の笑顔はいつも本当に癒され、また尊敬に値します。(S.O.様)
帯津先生の生き方そのものがすべて勉強になりました。知識だけでなく、命のエネルギーの素晴らしさを実感できました。(M.T.様)

☆帯津良一先生「車座交流会Q&A」
がんの代替療法については結構知っているつもりでいたが、皆さんそれぞれの角度で質問され、まだまだ知らないことばかりで勉強になります。がんになって、どこにも誰にも話せない人たちに、こういう場があることをもっと知ってもらいたいと思いました。(S.M.様)
一人ひとりの話に丁寧に対応され、他の人の話も参考になりました。自分の話も具体的に聴くことができ、良かったです。(S.O.様)
一人ひとりの貴重な体験談が、これからの人生を生きる大きなヒントになりました。さらけ出して話せる場がとても重要だと感じました。(M.T.様)

☆帯津良一先生「呼吸法・気功実技指導」
大地にしっかりアースして、気功・呼吸法の体験ができたこと、しかも帯津先生直々にご指導いただけたこと、貴重な体験になりました。(S.M.様)

☆お食事について
少しでも人工的なものが入っているとお腹を壊しがちな私のお腹でも、安心して食べられました。エネルギーのつまったお野菜、心のこもったお料理が毎回楽しみでした。(S.M.様)
これが一番予想以上で、どんな立派な言葉より、最近の私は料理でその組織を信用するようになっています。とにかく美味しい!“喜んでいただきたい”という想いを感じます。(S.O.様)
一品一品がとても丁寧に素材の良さを最高に引きだしていて、とても美味しかったです。料理に愛情を感じました。大変満足いたしました。(M.T.様)

*****

ご参加いただいた皆様も、ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。

次回の「養生塾・いのち学」は、平成30年11月9日(金)~14日(水)です。
ぜひ皆様ご参加くださいませ。
☆詳細はホームページ(http://www.suirin.com/)をご覧ください。
















2018年7月22日日曜日

中健次郎先生・暢子先生による「夏の気功合宿」が開催されました。


713日から18日まで、
中健次郎先生・暢子先生による「夏の気功合宿」が水輪で開催されました。
お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。

気功合宿にご参加いただいた方々のご感想をご紹介させていただきます。


T.H.様】
今回はじめて中健次郎先生の合宿に参加しました。
自分は、仕事、人間関係に疲れており、
今回のセミナーで何か変われば良いなと思い、来ました。

本当に自分の固定観念で生きてきたことがわかりました。
体調もはじめは良くなかったのですが、徐々に回復していくのがわかり、
それと共に心も回復してきました。
そして水輪に来る前は、ただ寝泊りするところだと思っていましたが、
全く違っていて、塩澤研一先生、みどり先生をはじめ、
スタッフの方々のなんと力強い魂を感じました。
最近は全く感動していなかったのですが、本当の感動をしました。
そして自分の心の変化も起こったと思います。
まさに理想郷です。しかし、この理想郷を支えることも、本当に大変だと感じました。
水輪は人間本来の姿に戻れる場所だとも感じました。

こんなに感動したのは本当になかったので、また水輪でお世話になりたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
皆様の健康と活躍を祈ります。ありがとうございました。


M.W.様
知り合いの方からのご紹介で、以前から水輪に関心を持っていました。
想像以上に素晴らしところでした。
広大な土地に、愛のエネルギーが満ち満ちており、
心こもった食事をいただいていく中で、心身ともに浄化されていくようでした。

中先生からも気功を通して心の置き方、とらえ方、
大切な学びがたくさんありました。
今まで中先生のことは全く知らなかったのですが、この出会いに感謝します。

食事のとき、ここで働く若者たちの話を聴かせていただき、
魂に響くお話しで、あたたかく優しい感情がずーっと残り、
私の心を満たしてくれています。
以前精神病棟で12年、児童相談センターで15年、
現在不登校の少年たちのための期間で少々働いている経験から、
余計水輪につながれた少年たちの幸せ、水輪の活動の凄さ、
そして何より人の可能性の凄さを教えられました。

年齢に関係なく、まず自分の可能性を信じ、
互いの可能性を信じ合っていきたいと、そんな大切な真理をここ水輪で学びました。
ありがとうございました。感謝します。


M.W.様
水輪スタッフ&研修生の皆様、中先生ご夫妻、5日間お世話になりました。
ありがとうございます。

水輪は、緑豊かな素晴らしい環境、行き届いたお掃除、
肉魚を一切使わず、自ら育てた素晴らしい野菜を使った美味しい食事、
素敵な小物、花瓶、照明など居心地の良い施設、
そして何より心優しいスタッフや研修生の皆様との交流に癒される場でした。

朝夕の食事の際、働いている方々のお話を聴かせていただいたことが、
とても印象に残っています。
たくさんの教えや考えを学ばれていらっしゃるのだと思いますが、
その言葉そのままではなく、自分の中で理解した自分の言葉でお話しされているので、
とても説得力があり、良い影響を受けました。
私も会社や、自宅で、目の前のことに一生懸命生きていきたいと思わされました。
考えさせられました。

私の住んでいる東京と、ここ長野。
実際の距離は離れていますが、長野の水輪で一生懸命に生きている人たちがいる、
魂の成長に日々研鑽している人たちがいることを思い出しながら、
これからの人生を一生懸命生きていきたいと思いました。ありがとうございました!


A.A.様】
昨年の10月以来の水輪。
一時は参加できないと諦めていたものの、天のお恵みにより参加させていただけました。

ドタバタと過ごした昨年以降。
でも、前日から参加でき、青少年の講座に出たとき、
見知った顔の方々のお顔が、明らかに何か違うことに気が付きました。
半年会わないうちに、こんなに変わるんだと改めて実感しました。

合宿中は、毎日とくかく眠くて眠くて、練功についていくのに精いっぱい。
でも薄皮がはがれていくような感を徐々に感じてきました。
そして次の日が最終日となったときに、以前にも教えていただいた、
相手にゆだねるという練功。
何かふっと下に落ちたような気がし、ある小説の主人公の言葉が思い浮かびました。
「正論は正しい。でも正論を武器にするのは正しくない。お前はどっちだ?」
ああ、私はまだ正論を武器にしている癖が残っているんだなあと改めて実感し、
この癖を改めること、相手を尊重することが、今の私の課題なのかなと思っています。

この春に最大の喜びを得ることができたのも、
この水輪に導かれるように突然来させていただくことができたからだと思います。
研先生、みどり先生には本当に色々とご指導いただき、ありがとうございました。
そして、しつこいほど訪れる私を、いつもいつも笑顔で迎えてくださったスタッフ、
研修生、実習生の皆様が、今の私を作って下さったんだと
感謝してもしきれないくらいです。

水輪に出会わなかったら、中先生との出会いも、帯津先生との出会いもなく、
娘たちに心配をかけるだけの親になっていたことでしょう。
本当に本当にありがとうございます。
今年もドタバタ過ごしそうですが、また絶対近いうちに、伺いたいと思っています。
皆様の歌やソーラン節、そして新たなる太鼓のパフォーマンスを楽しみにして、
今回は酷暑の下界に戻ります。







































こちらもあわせてご覧ください!

2018年6月20日水曜日

藤本司先生による「脳外科医・脳科学者に聞く脳のお話」が開催されました。

6月16日(土)・17日(日)には、
「脳外科医・脳科学者に聞く脳のお話」が水輪で開催されました。

2018年度第1回のテーマは、
「考え方・意識の大切さ」でした。

講師である藤本司先生は、昭和大学医学部の名誉教授であり、
脳神経外科医の先生です。
さがみリハビリテーション病院顧問(脳神経外科・もの忘れ外来)でもいらっしゃいます。

今回の講義では藤本司先生が、
考え方・意識の持ち方の重要性であったり、
日常的な運動による脳の活性化・健康効果などについて
脳外科医・脳科学者の視点から
とても分かりやすくご講義をしてくださいました。
藤本先生、本当にありがとうございました。

ご参加いただいた方のご感想をご紹介させていただきます。

*****

【N.K./愛知県】
今年3月、帯津良先生の養生塾に参加し
水輪(いのちの森)の存在とさまざまなセミナーを開催しているのを知り、
今回藤本先生のセミナーに参加させて頂きました。
人間の本性(魂)は皆が素晴らしいものを持って生まれてきたこと。
又、その事を信じる事、それが前提になっていることを理解しました。
不安やネガティブな感情がどのように生まれて、伝わっていくのかがわかり、
その対処方法などのヒントがいっぱいありました。
藤本先生、塩沢理事長他水輪のメンバーの皆様ありがとうございました。

【H.K./宮城県】
初参加でした。
脳について、たくさんの学びがあり、とても有意義に過ごせました。
魂について、知る事が出来て、うれしかったです。
藤本先生にセミナーにまた参加したいです。よろしくお願いします。
藤本先生から直接お話しがきけて良かったです。
食事もとてもおいしかったです。
室内はきれいでスタッフの方々の真心が伝わってきました。
ありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします。
自分の事って、知っているようで知らないものなんだなぁと思いました。
次回の参加が楽しみです。

【K.K./神奈川県】
藤本先生のお話は全て興味深く、具体的で明解でわかりやすく
今まで疑問に思っておりました事が氷解してまいりました。
個人的な問題にも解決の方向が見い出されました。
いのちの森の環境、塩澤先生のお教え、
お人柄にふれる事ができまして、心より光栄に思いました。
スタッフの皆様の変化のお話を直接お聞きでき、感銘いたしました。
いのちの森の環境は人間の心の面での改善の環境としてすばらしく、
広く世の中の人にグローバルレベルで展開かされるといいなと感じました。
人生のひとつの転機として今後の人生の方向性を見つめるのに大変参考になりました。
とても楽しく二日間あっという間にすぎました。
本当にありがとうございました。


*****




2018年5月5日土曜日

川野泰周先生による「マインドフルネスリトリート」が開催されました。



川野康周先生による「マインドフルネスリトリート」開催されました。

428日(土)~30日(月・祝)
精神科・心象内科医/臨済宗建長寺派林家寺住職の川野康周先生による
「マインドフルネスリトリート」が水輪で開催されました。
川野先生ありがとうございました。


参加された方の感想文をご紹介させていただきます。


外を歩く瞑想でデフォルトモードネットワークのことが理解できたように思います。
足の裏に集中していても同時に自分が進む道の安全を確認している事に気付き適切なデフォルトモードネットワークは生きていくために必要なことなのだと理解できました。

慈悲の瞑想で大切な人を思うとき「恋人→父親→母親」と思いが移り、
母親のことを思ったとたん涙が出てきました。
私が自分と向き合って最初に出てきた問題が母親の死だったのですが、
もうそのことは自分の中で解決されたと思っていました。
今回の涙は悲しみとは違う気がしています…。

お食事のたびに聞く水輪の方々のお話が、マインドフルネス講座の延長のようで本当に勉強になりました。

実体験からの言葉は、たとえ話し手の方が人前で話すのが苦手でも、聞き手の心に十分響きました。
歌やソーラン節も私に生きる奇跡を考えるチャンスを与えてくださいました。
小さなことでグチを言っている自分が恥ずかしくなりました。
私も皆さまと同じように精一杯生きようと強く思いました。
そしてソーラン節が終わったとき塩澤先生と航介さんの笑顔がとても印象に残りました。
その笑顔を見ただけで水輪の皆様全員の関係がわかる気がします。

塩澤早穂理さんのお話が聞けて良かったです。
改めて水輪に宿泊できる喜びを感じ、人生、生きることについて心を向けてみようと思いました。
3日目の歩く瞑想では、筋肉ののびを感じることができました。
3日間本当にありがとうございました!

K.T長野県/東京都)




2018年5月4日金曜日

久間先生による「脳と心の勉強会」に参加させていただきました。



47日・8日と久間先生による「脳と心の勉強会」が行われました。

その勉強会に実習生数名も参加させていただきました。
久間先生は脳の仕組みから、今回のテーマである、
「男性の脳と女性の脳の違い」についてのお話を、
私たちにわかりやすいようかみ砕いてお話して下さり、
そのうえで私たちの脳と心についての質問や日々起きてくる問題に対しての考え方、
成育歴と今の自分の状態の関連性などに親身になって教えて下さりました。


参加した実習生の感想文をいくつかご紹介します。


本日は貴重な時間をありがとうございました。
今回は自分の質問の
「人間の根本的な性格というものは幼いころから変わらないのか」
答えていただきました。

性格というのは「遺伝」としてあったものに
「教育」と「環境」が加わることによって成り立っていると教えていただいて、
確かに「遺伝」的な根本的な性格は変わらないが、
「教育」と「環境」で多少変わることができるということが分かりました。

水輪にいるということは、今までの性格を仕事ができるように
変えていただいているということで、ありがたい事なんだなと思いました。
ここで色々と経験をさせていただいて、良い状態で社会に復帰したいと思います。


実習生 Y.T



今日は脳のことについて色々と学ぶことができました。
脳には3層構造があり、古い脳と新しい脳があります。
人間は、新しい脳といわれる大脳が他の動物よりも発達していて、
そのおかげで本能的欲求などを抑制することができます。
例えば自己中心的であったり、思いやりがなかったり、
そういうことも今回の話の中では、大脳が未発達ということでした。

日頃私達が目指している人間的成長というのは、
大脳をより発達させ人間らしくなるということでもあるのだなという風に思いました。
脳を育てるためには、自分の意志で動くということがとても大切なようです。

常々リーダーから指示をうけて動くことが大半ですが、
その中でも「言われたからやる」のではなく、
そこからどこまで行動を自分の意志で行えるかが大切なのだと思いました。
そのようなことを意志して、これから実習に取り組みたいです。


実習生 Y.T