ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2017年1月21日土曜日

●中健次郎先生気功合宿が開催されました。

12/251/5公益財団法人 いのちの森文化財団主催「年末年始 中先生気功合宿」が開催されました。会場は水輪 まほろばで行われました。
講義では中先生が気功の本質を様々な角度からわかりやすく伝えてくださりました。
また、実際に気功を実践指導していただき、参加された方々も自分の体を通して気功を体験することができました。

また、お食事は()グリーンオアシスでいのちの森光の水自然農園の自然栽培野菜をふんだんに使用した菜食の食事をつくらせていただきました。油や肉類を使用していないにも関わらず、味に深みがあり、体も心が温まる料理だと好評をいただきました。

また、12/31の大晦日と、1/1の元旦にはいのちの森の特製おせちをお出しさせていただきました。
このおせちは総料理長塩澤研一監督のもと、厨房スタッフにより、数週間前から仕込みはじめ、
素材にこだわった特製おせちです。光の水自然農園の自然栽培黒豆やくらかけ豆なども使用されています。

また、1/2にはいのちの森音楽隊によるソウラン節と生き方働き方学校の実習生のBくんによる歌も披露させていただきました。
歌とソウラン節が終わったときにはお客様から盛大な拍手をいただき、なかなかなりやみませんでした。
多くのお客様から感動したとの応援のお言葉をいただき、中先生からも「感動して涙がでました。」と称賛のお言葉をいただきました。

また、1/8の夜には中先生による青少年育成講座も開かれ、青少年も気功を学ばせていただきました。お客様から青少年たちとの合同講義も新鮮で良かったとのお声もいただきました。(詳細別記事)

参加された方からの感想文です。

H.iさん
2015年秋冬そして2016年冬、今回で3度目の「水輪」で二泊三日。今回は特に、僕自身にとって大きな「気づき」を得ることができた合宿でした。スタッフの息遣い、心遣いがいいつ来てもとても温かく感じられ、ただこの宿にいるだけでホッとします。
中先生の個人指導も心身両面に渡り、この水輪で受けられたことに感謝です。
 2016年を締めくくり2017年へのスタートに心機一転。どんなに深い心の傷も、それに逃げずに向き合えば、太陽が昇り闇が消えてしまうように、解消してしまう「宇宙の英知に癒されることに気づき、心の浄化を行えました。
 自分でもよくここまで心折れずに頑張ってきたことに泣けてしまいました。小3で父を亡くし、高2で息子を亡くし、高3で娘が家を出たことも、「今」のシナリオの中にあったこと。今は、それを受け止めて新しいシナリオが用意されることになったことを時間できます。「一期一会」の心とは、「今一瞬に生き切ること」。この水輪の空間は、その空気が満ちています。ぜひ来年は、家内を連れてこようと思います。

A.Uさん
 中先生にお会いすると、いつも癒されます。さらに今回は機構の治療と、個人セッションを受けさせていただき、本当にありがとうございました。
 これまでの自分から解放され、新たな命をいただいたように感じています。今はこれからに人生をどのように楽しもうかとわくわくしています。又、皆さんとの交流ができたのも良かったと思います。食事中や温泉へ行くバスの中などでの、ちょっとした会話の中でも、様々な生き様があり、皆さんが立ち向かっていることが感じられたことも私にとって大きな収穫でした。
一番印象に残ったのは、スタッフの皆さんの純粋さです。食事の後に伺ったスピーチも、もちろん感動いたしましたが、施設の掃除を黙々とされている姿や、おいしい食事を食べさせていただき、そのように感じました。
 今度は、夏の水輪にも伺いたいと思います。

中先生、参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました。
次回の中先生の気功合宿がいのちの森 水輪にて開催されます。
日程は、7/13に前泊 個人指導(要予約) 7/147/18でセミナー開催の日程となっています。どうぞみなさまご参加くださいませ。