ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2015年11月8日日曜日

久間先生の「脳と心の勉強会」が開催されました。

久間祥多先生の「脳と心の勉強会」が開催されました。
今回のテーマは、「男の脳、女の脳」という、男性と女性の考え方の違いや、行動の違いはどこからくるのか、というテーマで講義を開いていただきました。
講義の合間合間に、参加者から出た様々な質問に、快く答えていただき、濃密な1泊2日を過ごしていただきました。
普段の悩みや問題を、脳の仕組みからの観点で答えていただき、とてもわかりやすく、イメージができた講義でした。

参加者の感想文の一部をご紹介させさて頂きます。


T.Kさん
今回は男女の性差について学ぶことができ、興味深かったです。
簡単に書きますと、男性は不安感が強く、攻撃性もあり、女性は人の心を読み取り、深い友情を育むことができるという、まったく逆の脳の状態であると、知ることができました。
これを聞いてみると、女性がもっと社会で活躍し、男性の欠点を補ってほしいと思いました。
また、脳は経験に反応して適応し続けることも聞き、自分にとって、よいものを選別して、よい経験を重ねていきたいと思いました。

A.Kさん
男の脳と女の脳というテーマで、普段私たちの身の回りで起きている様々なこと、自分の課題を、脳という新しい切り口から考えることができました。
自分の癖をこのように客観的に教えていただくことで、日々の生活の中でより意識的になれると思います。
自分としては、より女性の脳を持っていくこと。男性的な、攻撃的で、他人を受け入れない自分をいさめ、仲間と共感していくことを大切にしていきたいなと思いました。