ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2014年8月19日火曜日

2014年第8回目 公益財団法人いのちの森文化財団主催 青少年育成公開講座 奥健一郎先生講演会「君の思いは必ず実現する」


2014年第8回目 公益財団法人いのちの森文化財団主催 青少年育成公開講座 奥健一郎先生講演会「君の思いは必ず実現する」が開催されました。

今回のテーマは「稲盛和夫と井深大のチャレンジ精神」

SONYの創設者の一人である井深大氏。新しいものを生み出し続けてきたSONYの飽くなき探究心、チャレンジ精神の根幹には、京セラフィロソフィで言えば「能力を未来進行形で考える」という考え方があったと学びました。今回も奥先生と、さらにはポーランドからの参加者も交えて、内容の濃い勉強会となりました。

多くの参加者皆様からいただいた感想の一部をご紹介させて頂きます。



R,Eさん
能力を未来進行形でとらえるためには、考え方が重要なのだとわかりました。

プロセスの上に目標があるのではなく、目標を達成するためにありとあらゆる方法を論を考えつくさないといけないと感じました。

そして、白黒ではなくカラーで見えるまで、カラーとは日常的なくらい信念にまで高め、意志の力を発動させ、霊性心を燃え上がらせ、理性心と本能心を適切に統御して、実現までの道のりをはっきり見ることだと思います。

基本に戻り、仲間と共に畑をやっていきたいと思いました。

一つ一つ腑に落とし、現場で、悩んで、実践していきたいとおもいます。奥先生が最後に言った「根幹は同じである。それをどのように伝えるかは文化の違いや、考え方の違いもあるが、伝え方を考えないといけない。そのような意見は大いに歓迎である。」私も畑の仲間に伝えていきたいと思います。


Y.Iさん

今回のテーマは井深大です。まずはビデオを見て井深大について知りました。いろいろな製品を他社よりも先駆けて開発していき、モルモットと言われるほど新しいことにチャレンジしていきました。印象に残ったのは、江崎さんをIBMに送り出したことと、クロマトロンのカラーテレビを赤字でも出したことです。心が広く、出し惜しみをしない人であるなと思いました。

フィロソフィの項目を挙げて、井深大について皆で考え、意見を出し合い、深めていけたと思います。

他にも、心とは何か、霊性心とは何かなど、質問から、響きあい、広がっていくことで、私もなるほどな、と理解を深めていくことが出来ました。今回も素晴らしい講座に参加させていただきありがとうございました。

次回のテーマは「稲盛和夫と吉田松陰の志と松下村塾です。

高杉晋作、伊藤博文、木戸孝充などを育て上げた人物の志とは?


次回のご参加お待ちしております。

詳細はこちらまでお問い合わせください。