ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2012年12月31日月曜日

元県職員 小林計正さんによる青少年育成公開講座の
感想文をご紹介いたします。

ネイティブ・アメリカンシアトル酋長の手紙は、
久々に美しいものにふれられたという感じを受け、
小林先生に読んで頂き、本当に感謝しております。
私たちの命のつながりが永い時を越え、途切れなく続き、
自然との関係性も、自分達の悠久の命のつながりと
分離していないことを感じ、自分の中の深いアイデンティー
を思いおこさせる様な感じを受けました。
私たちは、どこから来て、どこへ向かおうとしているのか、
そのような命題を頂いた様な感じで、日々の忙しさの内でも、
シアトル酋長がもつような深さを感じられる人間になりたい
と思いました。美しさの中に厳しさがあり、
その厳しさがまた深さをうむことを忘れずに
苦労や忍耐力や努力の中に深さがあることを感じました。
この美しさにふれ、もう一度生きたいと感じました。
再スタート、このつながりを忘れずにいきたいと思います。


小林先生のご講義を聞き、まず率直に思ったのは、
とにかく目の前のことに一生懸命な方なのだと思いました。
何を心がけて、人と接するのかという質問をしたところ
目の前にいる人に対して自分に出来ることは何かと、
与えられる最大限のことをするということです。
自分のエゴではなく、真剣に目の前の人と関わり、
大切に関係を築く。とおっしゃっていました。
小林先生のお言葉から、私もどんな時でも実習生やスタッフ
研修生に対し、真剣に関わらなければいけないと思いました。
自分の仕事やいい訳より、必要な時に必要なことを目の前の
人に対し接するようにします。



2012年12月11日火曜日

来年1月12日より 高野山真言宗阿闇梨 宮島基行先生による

心の探求~般若心経の真髄をひもとく~のセミナーが始まります。

感想文 参加者K・Sさん

宮島基行先生のお話は、とても深く、初めて聞くお話も多く、これからの指針が
また深く広くなりました。ありがとうございました。それから今回奥社の気が
素晴らしく感動いたしました。最近の世情の波動が、不安定で、心がどうしても
騒いで仕方ありませんでしたが、あくまでも神様に通ずる心で祈り、何が起きても
自分の出来る範囲で努力していこうと決心しました。









宮島基行先生に直接ご教授いただける「心の探求」に是非ご参加下さい。

11月2日から開催された 帯津三敬病院 名誉院長 帯津良一先生による


セミナー「養生塾」にご参加された方の感想文をご紹介いたします。



帯津先生のお人柄を拝見して、こんなに人の話に耳を傾けて下さるお医者様がいらっしゃるということに、まず感動してしまいました。子供の病気と12年余り苦闘してきましたが、なかなか診断名がつかず、理解して下さる医師に巡り合えず、ご自分で診断できないとなると、返ってくることばは、子供のことをも傷つけるようなことだったり、それがいくつもの病院で数人の医師からでしたので、医者に対してすさみ切っていた私にとって今回帯津先生にお会いできたことで、素直な気持ちを取り戻したい、癌にはなったけど、今後の生活“養生”しながら過ごせるように心身共に健康になれるよう頑張ろうとする人になってみたいと思い始めました。



みなさんが正直にご自分のお気持ちをこんなに話せる車座交流会にもびっくりしました。どんな話にも優しいご様子で向き合って下さる帯津先生、塩沢先生のお姿にも癒されました。そういう私の精神状態でしたから気功もまた楽しかったです。本当にありがとうございました。



養生塾にご参加される方は病気や生き方に対して、とても不安を抱えて来られる方が
多くいらっしゃいます。しかしセミナー初日いらした時と帰られる時では、見違えるほど
皆さま、表情は明るくなり、未来に希望を持ってお帰りになられます。

今回のご参加者様達は「水輪で養生塾同窓会を開こう」と皆さま一願となっておられました。そして、お帰りの際には、万歳三唱をして、皆さま笑顔で帰られました。

11月に行われた青少年育成公開講座 講師 久間祥多先生
(七沢リハビリテーション病院 脳血管センター脳神経外科医)
の青少年の感想文をご紹介いたします。


社会が共感的な絆(オキシトシン)より、契約や利害で動くようになっている。
世の中では損得、利害で動き、人を信じることのできない社会
でもあったように思います。ここ水輪にきて、真の人間関係、
在り方、そして、人とのコミュニケーションがすごく大事だと
いうことを改めて感じ、認識しました。
朝起きて、体いっぱいに日の光を浴び、よく動き、ホジティブな
考え方を持つことで、セロトニンが活性することを知りました。
それを実習生と共に、その場づくりを自らしていきたいと思いました。
今この瞬間に、他者と真剣に向かい、共に生きあうことが重要なのだと
いうことを、今回の講義を通して再認識しました。


私たちは毎日の生活の中で、絶え間なく心の変化を繰り返しています。
今までは、心の変化は心独自の働きだと思ってきましたが、実は脳内神経の
働きによって起こっているということがわかりました。
心と脳は関係しているのです。ですから、脳と心の勉強会では、人間にとって一番いい
心の状態つまり一番いい脳の状態を勉強し、より良く生きるヒントを得られる
ことができるのです。


2012年12月9日日曜日

小林計正さんによる青少年育成公開講座

皆様こんにちは。


1227日 元県職員 小林計正さんによる青少年育成公開講座が行われます。
小林計正さんは日頃から当財団の青少年育成活動にご協力いただいており、大変お世話になっております。



今回の青少年育成公開講座は次のテーマでご講義いただきます。

1 地方公務員として
 財政面から見た地方公共団体の機能

2        芋井に生まれて
「イモ・イ」 芋の産地
「イ・モイ」 聖なる山 飯縄山 飯綱高原

3        父親から学ぶ(終戦50周年を記念してから)
汗水流して働くこと
物を大切にすること
我慢すること

4         これからの新しい自分
やっちゃんの詩
宮沢賢治の「雨ニモマケズ」
大阪府天王寺区「金剛組」
芋井を超えて


とき 1227() 参加費無料
会場 いのちの森 水輪
時間 16001800
主催 公益財団法人 いのちの森文化財団
お申込 026-239-2630

ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。