ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2012年8月26日日曜日

8月26日


皆様こんばんは。


精神科医の井上弘寿先生の青少年育成公開講座が開かれました。


主に精神科医の視点から見た脳と心の関係性をご講義頂きました。


そもそもなぜ心の病とは存在するのかそれは悩む力をつけていくためだそうです。


うつなどもそうですが心の病とは治すという見方ではなく病を活かすという考えの転換が大切と教えていただきました。


いのちの森水輪に心に問題を抱えた方々がいらっしゃったりしますが、心の病を悩む力をつけるという考えの転換が起これば、少しは自分のことも理解できるのではないかと感じました。


青少年育成公開講座の感想文をご紹介させていただきます。

Hさん
井上先生のお薬のいろいろなお話しを聞いて、薬とは良くするために必要なことだと改めて分かりました。躁うつ病や向精神薬等今までじぶんの知らなかったことをたくさん知ることができました。私は無知なことが多いので、こういう場で薬の勉強ができたりしたことはとてもよかったです。ありがとうございました。