ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2012年6月24日日曜日

鈴木 寛さんの青少年育成講座


皆様こんにちは。


二日ほど前にベッカライ麦星というパン屋を経営している鈴木寛さんの青少年育成講座が行われました。


鈴木先生が30才までひたすらに自分は何をして生きていけばいいのでだろうか?と悩み苦しみながらいました。そして、一筋のパン屋という光明が見え、そしてどんどんと人生が開いていったそうです。何があっても諦めず自分の目標に向かって真剣にやり続けるということも教えていただきました。


今はもがき苦しいこともあるかもしれないが自分の人生がピタッとハマる時がある。そういった内容の講演会でした。


いのちの森水輪で学んでいるNさんは、将来に対して不安を持っていたが、鈴木先生の話を聞いて、自分は挫折ばかりがあったが少し自分の人生に対して希望が見えてきました。と言っていました。


日々の生活全てが学びとしているいのちの森文化財団の月に1度の講師をお招きしての勉強会でした。

ホームページ リニューアル しました!



公益財団法人 いのちの森文化財団 






のホームページがリニューアルしました。





スライドショーがたくさん入りました。



みなさま、ぜひ見に来てください。

2012年6月23日土曜日

ベッカライ麦星



皆様こんにちは。


二日ほど前にベッカライ麦星というパン屋を経営している鈴木寛さんの青少年育成講座が行われました。


鈴木先生が30才までひたすらに自分は何をして生きていけばいいのでだろうか?と悩み苦しみながらいました。そして、一筋のパン屋という光明が見え、そしてどんどんと人生が開いていったそうです。何があっても諦めず自分の目標に向かって真剣にやり続けるということも教えていただきました。


今はもがき苦しいこともあるかもしれないが自分の人生がピタッとハマる時がある。そういった内容の講演会でした。


いのちの森水輪で学んでいるNさんは、将来に対して不安を持っていたが、鈴木先生の話を聞いて、自分は挫折ばかりがあったが少し自分の人生に対して希望が見えてきました。と言っていました。


日々の生活全てが学びとしているいのちの森文化財団の月に1度の講師をお招きしての勉強会でした。