ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2012年3月3日土曜日

3月青少年育成公開講座『環境問題とエコヴィレッジ』     スティーブン・R・マックグリービ先生


飛田航介さん
エコビレッジのコンセプトと
いのちの森 水輪は近いものがあると感じた。
欲望・エゴ・自分が、自分が
というものが人間と地球をダメにしてきたのだ。
シンプルなものに帰らなければいけない
とスティーブンさんはおっしゃっていたが
本当にそうだと思う。
自給自足、節約、コミュニティーとして生きる。
「今の子供は、一番大事なことを学んでいない。」
とスティーブンさんはおっしゃっていた。
いのちの森 水輪は子供が
学ぶことができるところなのだ。
畑、掃除、実習。
生活そのものを学びとして吸収できる場所なのだ。
そして何より、今日一番感じたのは、
どんなコミュニティーを創り上げていくにしても、
その根底に、心を高めるということが不可欠だということ。




祢津尚さん
一秒で熱帯雨林が40アールなくなり、
人類全員が日本人並みの生活をしたら、
資源再生産および、
産業物の浄化には、
地球が5つ必要ということを教えていただき、
ヨーロッパの4つの
エコビレッジを紹介していただきました。

コミュニティー
助け合い
経済

その様なことがポイントに
なっていると思いました。
環境破壊は、ここ100年の話だと思いますが、
このままいったら、人間の住める土地、
エネルギー、水、食料を争うようになり、
日本は60年以上戦争をしていませんが、
また戦争ということになっても
おかしくない方向へ世界は進んでいる
という状況なのだと思います。
そんな、状況において、
日々の自分たちの生活を考えていき、
行動していく事が必要なのだと思います。
いのちの森 水輪の活動が人間の生活の
本当のところを作っていけたらと思いました。
水田の復活や、ファームの生産も
その一端ではあると思います。




山下薫さん
環境問題とエコビレッジの
お話興味深く聞かせていただきました。
スティーブン先生は環境問題は
環境危機だとおっしゃっていました。
それくらい重大な問題と思います。
先生は環境問題の話をすると
暗くなるとおっしゃっていました。
環境問題は私たち人間が成長するために
与えられた問いだと改めて思いました。
それは環境問題を本質的に解決する為には、
人間が「自分さえよければ」から
四方善(自分、相手、地域、将来世代)に
価値観と実践が変わらなければならないからです。




スティーブン先生とても
興味深い講義をありがとうございました。