ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2012年1月23日月曜日

1/21 ブレンダ・デーヴィス博士のお話の感想

アフリカのザンビアで
地域の人々や孤児たちための
社会活動を行っている
英国精神科医の
ブレンダ・デービス博士をお招きして
お話しをしていただきました。



感想をご紹介いたします。

Y・Kさん
今の境地が平安であること、
人間は誰もが求めていることなのだと思います。
ブレンダは様々な体験を通して、
どんなことがあってもぶれない自分。
例えぶれたとしても
今、この瞬間を大切にする。
この瞬間を美しいものにしていくことを
心掛けているとおっしゃいました。
水輪の生活で教えていただいている
今、ここ、自己
今、ここ、愛と同じことだと思います。
それがいつも完璧ではないが、
その事を常に心掛けることが
大切なことなのだということを
学ばせていただきました。
ブレンダの到達している境地は、
平安の心の状態なのだと思います。
不可能も可能。
何が起ころうと、
どんなに忙しくしていようと、
心は常に深いところで落ち着いている。
愛も伴なう。
呼吸一つで良くもなれば
悪くもなる。
どんなことも責任がある。
自分を愛し、相手も愛す。




C・Wさん
ます、今ということについては、
この瞬間に自分が居続ける。
存在し続け、
そこに全てのエッセンスが
含まれていると言っていました。
そして、人はその瞬間に居続ける
ということは難しい、
だけど、居続けることを意識している、
切り替えるとおっしゃいました。
常に、ゼロ地点に留まり、
変化を受け入れ続けること。
何が起きても、
その状況や変化を受け入れ
その瞬間今ということに、
在り続けること、
それは心が穏やかであることや
静けさがないと、
到達することはできないと感じました。
起こることは、起こるべくして、起きている。
それは、必ずしも自分の理想とするものでは
ないけれど呼吸を深くしていくと
不可能を可能にすることができる。


などの感想が寄せられました。
講義を聴かれた皆さまは
とても感動されて、いい刺激を受けられたようでした。