ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2012年12月31日月曜日

元県職員 小林計正さんによる青少年育成公開講座の
感想文をご紹介いたします。

ネイティブ・アメリカンシアトル酋長の手紙は、
久々に美しいものにふれられたという感じを受け、
小林先生に読んで頂き、本当に感謝しております。
私たちの命のつながりが永い時を越え、途切れなく続き、
自然との関係性も、自分達の悠久の命のつながりと
分離していないことを感じ、自分の中の深いアイデンティー
を思いおこさせる様な感じを受けました。
私たちは、どこから来て、どこへ向かおうとしているのか、
そのような命題を頂いた様な感じで、日々の忙しさの内でも、
シアトル酋長がもつような深さを感じられる人間になりたい
と思いました。美しさの中に厳しさがあり、
その厳しさがまた深さをうむことを忘れずに
苦労や忍耐力や努力の中に深さがあることを感じました。
この美しさにふれ、もう一度生きたいと感じました。
再スタート、このつながりを忘れずにいきたいと思います。


小林先生のご講義を聞き、まず率直に思ったのは、
とにかく目の前のことに一生懸命な方なのだと思いました。
何を心がけて、人と接するのかという質問をしたところ
目の前にいる人に対して自分に出来ることは何かと、
与えられる最大限のことをするということです。
自分のエゴではなく、真剣に目の前の人と関わり、
大切に関係を築く。とおっしゃっていました。
小林先生のお言葉から、私もどんな時でも実習生やスタッフ
研修生に対し、真剣に関わらなければいけないと思いました。
自分の仕事やいい訳より、必要な時に必要なことを目の前の
人に対し接するようにします。



2012年12月11日火曜日

来年1月12日より 高野山真言宗阿闇梨 宮島基行先生による

心の探求~般若心経の真髄をひもとく~のセミナーが始まります。

感想文 参加者K・Sさん

宮島基行先生のお話は、とても深く、初めて聞くお話も多く、これからの指針が
また深く広くなりました。ありがとうございました。それから今回奥社の気が
素晴らしく感動いたしました。最近の世情の波動が、不安定で、心がどうしても
騒いで仕方ありませんでしたが、あくまでも神様に通ずる心で祈り、何が起きても
自分の出来る範囲で努力していこうと決心しました。









宮島基行先生に直接ご教授いただける「心の探求」に是非ご参加下さい。

11月2日から開催された 帯津三敬病院 名誉院長 帯津良一先生による


セミナー「養生塾」にご参加された方の感想文をご紹介いたします。



帯津先生のお人柄を拝見して、こんなに人の話に耳を傾けて下さるお医者様がいらっしゃるということに、まず感動してしまいました。子供の病気と12年余り苦闘してきましたが、なかなか診断名がつかず、理解して下さる医師に巡り合えず、ご自分で診断できないとなると、返ってくることばは、子供のことをも傷つけるようなことだったり、それがいくつもの病院で数人の医師からでしたので、医者に対してすさみ切っていた私にとって今回帯津先生にお会いできたことで、素直な気持ちを取り戻したい、癌にはなったけど、今後の生活“養生”しながら過ごせるように心身共に健康になれるよう頑張ろうとする人になってみたいと思い始めました。



みなさんが正直にご自分のお気持ちをこんなに話せる車座交流会にもびっくりしました。どんな話にも優しいご様子で向き合って下さる帯津先生、塩沢先生のお姿にも癒されました。そういう私の精神状態でしたから気功もまた楽しかったです。本当にありがとうございました。



養生塾にご参加される方は病気や生き方に対して、とても不安を抱えて来られる方が
多くいらっしゃいます。しかしセミナー初日いらした時と帰られる時では、見違えるほど
皆さま、表情は明るくなり、未来に希望を持ってお帰りになられます。

今回のご参加者様達は「水輪で養生塾同窓会を開こう」と皆さま一願となっておられました。そして、お帰りの際には、万歳三唱をして、皆さま笑顔で帰られました。

11月に行われた青少年育成公開講座 講師 久間祥多先生
(七沢リハビリテーション病院 脳血管センター脳神経外科医)
の青少年の感想文をご紹介いたします。


社会が共感的な絆(オキシトシン)より、契約や利害で動くようになっている。
世の中では損得、利害で動き、人を信じることのできない社会
でもあったように思います。ここ水輪にきて、真の人間関係、
在り方、そして、人とのコミュニケーションがすごく大事だと
いうことを改めて感じ、認識しました。
朝起きて、体いっぱいに日の光を浴び、よく動き、ホジティブな
考え方を持つことで、セロトニンが活性することを知りました。
それを実習生と共に、その場づくりを自らしていきたいと思いました。
今この瞬間に、他者と真剣に向かい、共に生きあうことが重要なのだと
いうことを、今回の講義を通して再認識しました。


私たちは毎日の生活の中で、絶え間なく心の変化を繰り返しています。
今までは、心の変化は心独自の働きだと思ってきましたが、実は脳内神経の
働きによって起こっているということがわかりました。
心と脳は関係しているのです。ですから、脳と心の勉強会では、人間にとって一番いい
心の状態つまり一番いい脳の状態を勉強し、より良く生きるヒントを得られる
ことができるのです。


2012年12月9日日曜日

小林計正さんによる青少年育成公開講座

皆様こんにちは。


1227日 元県職員 小林計正さんによる青少年育成公開講座が行われます。
小林計正さんは日頃から当財団の青少年育成活動にご協力いただいており、大変お世話になっております。



今回の青少年育成公開講座は次のテーマでご講義いただきます。

1 地方公務員として
 財政面から見た地方公共団体の機能

2        芋井に生まれて
「イモ・イ」 芋の産地
「イ・モイ」 聖なる山 飯縄山 飯綱高原

3        父親から学ぶ(終戦50周年を記念してから)
汗水流して働くこと
物を大切にすること
我慢すること

4         これからの新しい自分
やっちゃんの詩
宮沢賢治の「雨ニモマケズ」
大阪府天王寺区「金剛組」
芋井を超えて


とき 1227() 参加費無料
会場 いのちの森 水輪
時間 16001800
主催 公益財団法人 いのちの森文化財団
お申込 026-239-2630

ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。

2012年9月11日火曜日

中先生



皆様こんばんは。


915日から中健次郎先生の気功合宿セミナーが始まります。


気功や生き方等中健次郎先生から直接学ぶことができる貴重な時ですので、ご興味のあるかたは是非お申し込みください。


詳細はいのちの森文化財団HPの中健次郎先生の気功合宿セミナーのページをご覧下さい

2012年9月6日木曜日

断食セミナー


宮島基行先生の日常断食開催いたします。

10月6日(金)~8日(日)
高野山真言宗阿闍梨 宮島基行先生の日常断食が開催されます。
断食の効果は
    デトックス 体にたまった老廃物を排出します。
    内臓の休養 人間の体内の臓器は365日休むことなく働き通しです。断食をすることで臓器を休め、心身をリフレッシュします。
    味覚の再生 惰性で食べている食事をストップすることで、正常な味覚を取り戻し、食物本来の味を味わいます。
    自然治癒力を高めます。
    宮島先生より 食事の大切さ、生きることの意味をお話頂きます。

私(久保)は以前7日間の断食をしたことがあります。それ以来、体の声に耳をすまし、食欲がないときは素直に食べることをやめて、上記のような内臓の休養にあてるようになりました。私は風邪の引きはじめや、体調が悪化し始める直前には決まって食欲がなくなる瞬間があります。きっと体が休養のサインを出してきているのだと思いますが、そのとき体の食べたくないという要求に応えて、食事を抜いてゆくと、風邪をこじらせることなく、自然と回復してゆきます。野口晴哉氏の「風の効用」という本には、きちんと手当てをすれば、風邪は数時間で治まってゆくという話も出てきますが、私もだいたい風邪の症状が出始めても、食欲と食事のコントロールだけで、半日~1日で症状が治まってしまいます。しかもだるかった体や鼻水などが、ある瞬間に劇的に良い方向に快方してゆく瞬間がでてきます。そのときが食事を再開する私の体のサインとなっています。
断食を学んで、体調をコントロールし、正しい食事をしてゆくことは、人間本来持っている自然治癒力を発動させるのかもしれません。

とはいっても食事を抜くのには正しい教えの元で行うことが原則です。例えば食事を抜いた後の食事が非常に大切だったり、断食をする時期も向いている時期や不向きな時期、自分の体調の変化、様々な注意するべきポイントが多数あります。

高野山の宮島先生から本格的な断食の方法を伝授して頂きます。2泊3日の断食は、教えていただければ、後はご家庭でもすぐに実践できますので、これからの生活の中でも応用してゆくことができると思います。

皆様ぜひこの断食にご参加頂き、体の声に耳をすませて、自然治癒力を高めてゆきましょう。

お申し込みは
http://inochinomori.or.jp/?page_id=292

2012年9月4日火曜日

気功合宿


皆様こんにちは。


社会教育部門いのちの大学講座中健次郎先生気功合宿セミナーのお知らせをさせていただきます。


中健次郎先生のプロフィールをご紹介させていただきます。


1956 年和歌山県生まれ。大学在学中20才の時、1年かけて北南米大陸横断(帰路にカリブ海の国々も回る)。その2年後にも半年間インド方面にて求道の旅。各地で偶然宗教家に助けられ人生観を変える。大学卒業後、就職を辞退し、東南アジア・オセアニア・南太平洋放浪の旅へ。
81年中国に魅せられ、北京中医薬大学、北京大学等に留学。中国医学と中国哲学を学ぶ。一時帰国し、日本の鍼灸師免許を取得後、再び渡中。通算12年以上の滞在中、世界95カ国を訪ね、さまざまな人と出会い、学ぶ。中医学、太極拳、気功をその道の第一人者に師事し、会得した。
真の気功家、気功通訳名人、冒険旅行家であり、また、文字通りの修行僧。真理を求め、インド方面のラーマナ・マハーリシのアシュラム、ヨガの聖地リシケシ、仏陀の縁の聖地などを訪れ、マザー・テレサ、インドの聖者たちと交流を重ねる。宗教的感性を気功と結びつけて語る「魂の吟遊詩人」。



とき 9月15日(土)〜 17日(月・祝)
会場 いのちの森 水輪
主催 公益財団法人 いのちの森文化財団


詳細は公益財団法人いのちの森文化財団の中健次郎先生気功合宿のページをご覧下さい。



信州の大自然の中で樹林気功・講義等中健次郎先生と、講座を通し心身を統一していきます。

感想文



皆様こんにちは。


青少年育成公開講座(講師宮島基行先生)の青少年たちの感想文をご紹介させていただきます。


Nさん
やはり何事も考え方と意識(パワー)の向け方一つでマイナスだと思っていたことがプラスに転換することができると改めて実感した1日になりました。それは地獄界と阿修羅界のお話がとても印象に残り自分の欠点である短気の直し方についてアドバイスお求めたところ逆にそれは財産だとおっしゃいました。そのパワーをくだらないことに使わないで、有効な使い方をしていけば世のためにもなる。短期を良い方向に変えてこれからも進んでいこうと思います。

Tさん
私もあの世があると思っているひとりです。今日はあの世にもいろいろな世界があることを初めてしりました。6道という6つの世界がどのようなところなのかも知りました。私も死んだ時に一つでも上に上がれるように今から良いことをしていきたいと思います。あの世とこの世は全てつながっているんですね。魂(生き方)の進化成長にこれからも頑張っていきます。


宮島先生お忙しい中ご講義ほんとうにありがとうございました。これからもぜひよろしくお願いいたします。

2012年9月2日日曜日

宮島基行先生による青少年育成公開講座


皆様こんにちは。


本日は、心の探求のセミナーの講師でもある高野山真言宗阿闍梨及び南山進流声明第一人者宮島基行師による、青少年育成公開講座が行われました。


今回は“あの世について”という内容でお話いただきました。


あの世という世界は、あるという人もいるし、無いという人もいます。臨死体験をした方々は、あの世はおそらくあるだろうと言っている方がほとんどだそうです。しかし、実際に死んであの世に行って、この現世に帰ってきた人はいないため、実際には不確かな真実だそうです。


宮島先生は、おそらくあの世というものは存在するだろうと言っていました。自分自身を深く探求していくとなんとなく理解ができてくると言っていました。


例えば、自分の手足がなくなったとします。しかし、体の手足はなくなり手足分の体の重さは減ったが、自分という存在は何も減っていない。ほかの例を言えば、自分の体重は増えたとしても、自分の存在自体はなにも増えていない。体が増減したからといい自分の存在は増減するかというとそうでも無い。

そういった自己探求から、考えると、おそらく自分の魂=自分の体ということではないだろうと言われていました。


しかし、大切なのは、あの世があるかあの世がないかの是非よりも、どういうふうに自分が、あの世について捉えるかということだそうです。あの世という世界はないから適当に生きるのか、あの世という世界がない一度きりの人生だからこそ一生懸命生きると捉えるのか。

もしくは、あの世というものはあるから、僕たちの人生は次もあるから今回は適当に生きるのか、人生は次もあるから今回も心を少しでも良くしようと生きるのか、でもあり人生は次があるから成長できるということ。なんでも次がなければそのまま止まってしまうということでもあると思います。

要するに、あの世ということについて、どう自分自身が捉えるかということが重要であると教えていただいたような気がします。

青少年の感想文は次回ご紹介させていただきます。 




宮島先生今日は本当にありがとうございました。いのちの森水輪青少年一同

心の探求


皆様こんにちは。


いのちの森文化財団主催のいのちの大学講座では、本日9/2高野山真言宗阿闍梨及び南山進流声明第一人者宮島基行師の心の探求のセミナーが終了しました。


今回のセミナーも20数人という人数でのセミナーが行え、とても内容の濃い講座となりました。


以下に心の探求セミナーの参加者の御感想文をご紹介させていただきます。


Mさん
宮島先生のお話は、とても深く初めて聞くお話も多くこれからの指針がまた深く広くなりました。ありがとうございました。それから今回の奥社の氣が素晴らしく感動いたしました。最近の世情の波動が不安定で心がどうしても騒いで仕方がありませんでしたが、あくまでも神様に通ずる心で祈り、何事が起こりましても自分の出来る範囲で努力していこうと決心しました。水輪はとても気持ちよくスタッフの方々の努力が伺えます。お料理は最高に美味しく、氣持ちよく接していただいて、ありがとうございます。また1月に伺いますので、よろしくお願いいたします。


Yさん
優しい語り口でお話くださる、“般若心経”はとても心の中に染み込んで行きました。頂いた勤行集はいつでも持ち歩き必要な時には唱えたいと思います。また思いもかけず戸隠神社の奥社まで行くことができ大変嬉しく思いました。
機会がありましたら、また参加したいと思います。ありがとうございました。

心の探求セミナーでは、仏教の作法、そして、お経本の読み方と内容の解説等をご講義いただいております。そして、食事の際は、お施餓鬼という(僕たちとは、別の世界で生きている餓鬼という魂に対して水の少しはいったお皿にお米の粒を入れ、その魂にも思いをよせるという行為)作法も行い教えて頂いたりもします。




宮島先生は、このセミナーを通じて心にいい種を蒔きましょうと言います。宮島先生の心の探求のセミナーの一つ一つは本当に自分の心を浄化するいいきっかけがたくさんあります。是非ご興味のある方は是非ご参加ください。

2012年8月28日火曜日

宮島先生の青少年育成公開講座




皆様こんにちは。


来月の9/2宮島基行先生の青少年育成公開講座が行われます。


宮島先生の人間の集中力のお話、人間の心についてお話


今回の青少年育成公開講座は「あの世について」という題でご講義いただきます。


「あの世について」

とき 92()
会場 いのちの森 水輪
時間 19302030
主催 公益財団法人 いのちの森文化財団


ご興味のある方は是非ご参加ください。

帯津先生のセミナー




皆様こんにちは。


帯津先生のセミナーは本日で終了となりました。


セミナーにご参加された方々の感想文をご紹介させていただきます。


Aさん

1.      帯津先生講演講座
旬のものを美味しく食べる。そして、「今日は最後の晩餐」だと思って心をときめかして食べる。私も帯津先生の考え方を参考に食養生を行なっていきたいと思います。
2.      車座交流会
これまでの自分なりの食事療法や心の持ち方などを変えようと努力してきたが、いつも「これでいいのだろうか?」という不安があったが今回ひとつの自信のようなものができました。自分で一つ一つ決めて信じてやっていこうと思います。これからの生き方の芯のようなものを得ることができました。本当にありがとうございました
3.      呼吸法・気功について
澄んだ空気の中での気功は最高でした。毎日白樺林を思い出してきこうを日課にしたいと思います。
4. セミナー進行(塩澤みどりについて)
私たちが聞きたいことを察してくれて帯津先生に質問してくださる等とてもありがたい進行でした。お陰様で知りたいこと聞いてみたいことを十二分に聞くことが来ました。ありがとうございました。
4.      お食事について
野菜が新鮮で美味しくいただきました。作っている方々料理を運んでくれる方々の気持ちが込められていて幸せなひとときでした。


お客様が満面の笑みでここから帰られるところを見ることができてとても嬉しい気持ちになりました。


帯津先生のセミナーお疲れ様でした。

2012年8月26日日曜日

8月26日


皆様こんばんは。


精神科医の井上弘寿先生の青少年育成公開講座が開かれました。


主に精神科医の視点から見た脳と心の関係性をご講義頂きました。


そもそもなぜ心の病とは存在するのかそれは悩む力をつけていくためだそうです。


うつなどもそうですが心の病とは治すという見方ではなく病を活かすという考えの転換が大切と教えていただきました。


いのちの森水輪に心に問題を抱えた方々がいらっしゃったりしますが、心の病を悩む力をつけるという考えの転換が起これば、少しは自分のことも理解できるのではないかと感じました。


青少年育成公開講座の感想文をご紹介させていただきます。

Hさん
井上先生のお薬のいろいろなお話しを聞いて、薬とは良くするために必要なことだと改めて分かりました。躁うつ病や向精神薬等今までじぶんの知らなかったことをたくさん知ることができました。私は無知なことが多いので、こういう場で薬の勉強ができたりしたことはとてもよかったです。ありがとうございました。

2012年8月8日水曜日

8/24~28 養生塾が開催されます


テーマ「代替療法」            
ガンを治療して48年
講師 帯津良一先生
(医学博士/帯津三敬病院名誉院長)




「生きるかなしみとしっかりと向き合いながら、
時に生命の躍動を感じつつ
日々命のエネルギーを高めていく。
そんな人を一人でも
多く輩出していこうとするのが
21世紀養生塾です。
この山紫水明の地に
すっかり定着した養生塾へようこそ。
皆様のお出でをお待ちしております。」

A 2泊3日ショートコース
B 3泊4日ベーシックコース
C 4泊5日養生リフレッシュコース 
からお選び下さい

 各回ごと
A   2泊3日 45,000円
B   3泊4日 57,000円
C   4泊5日 70,000円
(講師費、会場費、宿泊、夕朝食、ティータイムのおやつ等の委託費含む)



<感想文>
     帯津良一先生講演講座
長年先生に憧れを持って生きてきましたが、
まさに思った通りのお方で直接お話を聞け、
来たかいがありました。
死後の世界まで見据える
ホリスティック医学のことや、
どう治療していくか
患者さんと決めていく戦友としての
医師で臨んでいる先生の積極的、
刺激的な態度、精神に接し感動しました。




     帯津良一先生「車座交流会Q&A」
なかなか普通では聞くことのできない質問、
本音で語り合えることが大変良かった。
参加者の皆さまも真剣に聞き、
自由に意見を出し合えるところも
ありがたかったです。

     帯津良一先生「呼吸法・気功実技指導」
初めてでしたが、一連の気功を直に
教えていただくことができ、
機会あるごとにやっていこうと思います。



     セミナー進行(塩沢みどり)について
すばらしい司会をしていただき、
学ぶことがたくさんありました。
掘り下げて気持ちを引き出して聞いて下さったり、
聞き手としても心に入ることが多かったです。

     お食事について
野菜だけの食事でここまで
おいしいものができるのかと驚きました。
酵素玄米も早速取り入れたいです。




2012年6月24日日曜日

鈴木 寛さんの青少年育成講座


皆様こんにちは。


二日ほど前にベッカライ麦星というパン屋を経営している鈴木寛さんの青少年育成講座が行われました。


鈴木先生が30才までひたすらに自分は何をして生きていけばいいのでだろうか?と悩み苦しみながらいました。そして、一筋のパン屋という光明が見え、そしてどんどんと人生が開いていったそうです。何があっても諦めず自分の目標に向かって真剣にやり続けるということも教えていただきました。


今はもがき苦しいこともあるかもしれないが自分の人生がピタッとハマる時がある。そういった内容の講演会でした。


いのちの森水輪で学んでいるNさんは、将来に対して不安を持っていたが、鈴木先生の話を聞いて、自分は挫折ばかりがあったが少し自分の人生に対して希望が見えてきました。と言っていました。


日々の生活全てが学びとしているいのちの森文化財団の月に1度の講師をお招きしての勉強会でした。

ホームページ リニューアル しました!



公益財団法人 いのちの森文化財団 






のホームページがリニューアルしました。





スライドショーがたくさん入りました。



みなさま、ぜひ見に来てください。

2012年6月23日土曜日

ベッカライ麦星



皆様こんにちは。


二日ほど前にベッカライ麦星というパン屋を経営している鈴木寛さんの青少年育成講座が行われました。


鈴木先生が30才までひたすらに自分は何をして生きていけばいいのでだろうか?と悩み苦しみながらいました。そして、一筋のパン屋という光明が見え、そしてどんどんと人生が開いていったそうです。何があっても諦めず自分の目標に向かって真剣にやり続けるということも教えていただきました。


今はもがき苦しいこともあるかもしれないが自分の人生がピタッとハマる時がある。そういった内容の講演会でした。


いのちの森水輪で学んでいるNさんは、将来に対して不安を持っていたが、鈴木先生の話を聞いて、自分は挫折ばかりがあったが少し自分の人生に対して希望が見えてきました。と言っていました。


日々の生活全てが学びとしているいのちの森文化財団の月に1度の講師をお招きしての勉強会でした。

2012年5月28日月曜日

2012年5月28日 自分に矢印



先日青少年育成無料公開講座が開催されました。

講師は盛和塾長野の塾生の松本賢治先生。松本先生は長野で
子供服販売の会社を経営されています。

松本先生はこれまで経営を通して、大変な苦しみを乗り越えて来られており、
いのちの森の学校の実習生にその体験から
「起こってくる出来事は他人のせいということは何一つないのだ、
すべて自分に矢印を向け、つらいこと、苦しいことも
チャンスと思って学ばせて頂いている」
とい大変貴重なお話をして頂きました。

以下実習生の感想文を掲載させて頂きます。

今回初めて講座に参加させて頂き、本当にありがとうございます。
勉強になったことが多くて本当に幸せ者です。
松本先生の話で印象的だったのが、
嫌なことがあったら「チャンス!」と思うこと。

落ち込む前に「チャンス!」と思ってしまえば言い訳も出ず、
良い方向に向かうことができるということを気付かせて頂きました。

何がチャンスだったのかは後で考え、
0.2秒で「チャンス!」と思うことが大事だと
松本先生の話を通して勉強させて頂きました。

他にも私は怒りの感情を上手くコントロールできない部分があって、
それで親に沢山迷惑をかけてきたのですが、
今回松本先生のお話で「怒ったりしたら必ず自分に返ってくる」
ということを教えて頂きました。
「ふざけんな」「あいつのせいだ」など言っていたら
冷静じゃいられなくなる。
感情のまま身をまかせていたら、どんな壁も乗り越えられないと思いました。
自分が怒られると反発したくなる気持ちも出てきますが、
今回学んだことで、深く反省をしていきたいと思います。
怒られた時も「ありがとうございます」と言おうと思います。
私のために言って下さっているのだということを
絶対忘れてはいけないと思いました。
せっかく人間に生まれてきたのだから、
マイナス思考では本当にもったいないと思いました。