ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2011年8月30日火曜日

8月28日 ひとりひとりがとっても大事・・・              山元加津子さん講演会

山元加津子さん
(やまもとかつこ1957年~)は、
石川県立明和養護学校(特別支援学校)教諭。
作家でもある。文筆・講演・写真・イラストを通して
子供たちに対する理解を訴えている。
愛称は、「かっこちゃん」。
石川県立金沢二水高等学校・富山大学理学部卒業
石川県金沢市出身。


山元加津子さんのとても素敵な講演会に行かせて頂きました。
山元さんはたくさんの素晴らしいお話を
ユーモアを交えてお話して下さいました。
どんな人も伝えたい“思い”を持っているという事を
かっこちゃんは養護学校で
子どもたちと接する中から教えて下さいました。


『ごはんの話』
養護学校の子どもさんが、
夏休みの研究にごはんの研究をしたそうです。
プリンの空き容器にごはんを入れて、
ひとつには「大好き」と言葉を掛けてあげて、
もうひとつには「嫌い」、もうひとつには「死ね」など、
明るい言葉を掛けてあげたごはんと
暗い嫌な言葉を掛けたごはんの傷み方を研究されたそうです。
すると、「大好き」と声を掛けたごはんの方が傷みが遅く、
「嫌い」「死ね」などの言葉を掛けた方の
ごはんは早く腐ってしまったそうです。
ごはん粒一粒一粒にも「大好き」は嬉しいように、
私たちの細胞も生まれたときから
「大好き」は嬉しいように作られている、
かっこちゃんはそうお話して下さいました。


『かおりちゃん』
何度発声練習をしても話せなかった女の子がいます。
その子のお母さんは、
「小学校に上がっても声を出すことが出来ないと
もう話は出来ないとお医者さんに言われました。
かおりは話すことは出来ない。
スクランブル交差点で迷子になっても一人でポツンと
立ちすくんでいるかおりを見たとき
私はこの子に話すことを望まなくなりました。
ただママって呼んでもらいたかっただけなのに。
先生、この子に話をさせることはこの子を苦しめるだけです。
止めてください。」
かおりちゃんは、かっこちゃんと段々仲良くなって、
かっこちゃんのことが大好きになって、
かっこちゃんの真似をするようになって・・・

ある日ふとしたきっかけで“声”が出ました。
かっこちゃんはお母さんにそのことを伝えたくて、
かおりちゃんのお家に遊びに行って、話しをしました。
最初は信じてくれなかったお母さんでしたが、
「かおりちゃんママって呼んで。」と言うと、
「マーマ・・・」
お母さんは声を上げてかおりちゃんを抱きしめて泣きました。



人は人に自分の思いを伝えるのは簡単じゃない。
その人が大好きになって、
その人のことを知りたくなって、
その人に自分の思いを知ってもらいたくなって、初めて言える。

とてもとても素晴らしい講演会でした。
どんな障害にも意味があって、
神さまは完璧に人間を作っている。
すべてのことに“つじつま”が合うように
“ものごと”は出来ている。
そう教えていただいて、
どんなことがあっても受け入れて行けるような気がしました。
たくさんの涙の中に“強さ”を教えていただきました。
人間ってすごいな、と思いました。

生きるってなんて素晴らしいんだろう。

勇気をたくさんいただけた講演会でした。

8月28日(日) 宮島基行 阿闍梨 公開講座 坐禅とは

公益財団法人いのちの森文化財団は
青少年の仕事力と人間力を育成するため
毎月各界の第一線でご活躍されている
講師の方々をお招きし、大いに刺激を受け、学んでいただく
青少年育成公開講座 を開いております。


8月は、
2日間に渡り
高野山阿闍梨の宮島基行先生から
坐禅の指導を受けさせて頂きました。

坐禅とは・・・
集中力を高める。
他の全ての活動を行うときの
精神状態を高めるのに役立つ。
リラックスと
適宜な緊張をとれた状態を保つ。

宮島先生から直接ご指導をいただけました

一日目
数息観(すうそくかん)
息を一から十まで数えます。
声を出さず、心の中で数える。
息を心で観ながら
「ひとーつ」「ふたーつ」「- - -」「とおー」。
また、「ひとーつ」に戻る。
吐く息の方が長く、
「ひとー」(ふたー)と吐き、
「つーー」と吸えばよい。
油断して思いにとらわれると、
数えるのを中断してしまいます。
雑念や感情に振り回されないで、
息を数えることに、心を向けてゆきます。

スタッフ・実習生も坐禅に参加

二日目
随息観(ずいそくかん)
息、呼吸を観察する。
息そのものを見る。
ただ、呼吸に精神を集中する。
呼吸になりきったとき、
ただ呼吸(生命)があるだけだとわかる。

坐禅をすると
不思議なことにザワついていた
心の状態がスーっと静まり
静寂さを感じられた。
とても良い時間を
過ごすことが出来ました。

2011年8月1日月曜日

7月29日(金)~8月1日(月)第2回合宿養生塾・いのち学が開催されました

みなさま、こんばんは。

帯津三敬病院名誉院長・
日本ホリスティック医学協会会長の
帯津良一先生による

第2回合宿養生塾・いのち学は今回も大好評でした。






参加者の皆さまは大変満足して帰られたご様子でした。
養生塾初日の参加者の皆さまと
お帰りになられるときの参加者の皆さまのお顔が全然違うので
本当に充実しているのだと分かります。


参加者の皆さまの感想をご紹介したいと思います。




~参加者の皆さまからの感想文より~
 帯津良一先生講演講座・ 自然治癒力を高めるには、心の問題が大切であり、ときめきを感じること、目標を持つこと、
これが最後の日という覚悟を持つこと、死生観を持ち具体的に自分の死に方についても考えて
みることが特に心によく残りました。このような見え方をすれば当然死に対する見方も変わり、
もっとじっくり自分の命とも向き合えると思います。勇気をいただけたと思います。

・ 楽しく拝聴いたしました。帯津先生の人柄が良く分かり、このような先生に診察して
いただければ患者も安心し、ポジティブにいられると思いました。




帯津良一先生「車座交流会Q&A」
・ 自分の選択に本当に不安でしたが、帯津先生に方針を示していただけ安心することが
できました。又、先生が皆さま一人一人にきちんと回答されている姿が本当に誠実な先生だと
頭が下がります。参加して本当に良かったと思います。

・ 他の方の体験を聞くこともとても参考になりました。病院選びの難しさを再認識しました。

・ 同じ病気を乗り越えた方もいてとても参考になりました。皆さんの話を聞いてみると、
大学病院やがんセンターなど大きな病院は、代替医療に門戸が狭いことが分かりました。
私は、二度と入院をしたくありません。抗がん剤治療も受けたくありません。より健康になるための先生のご指導を仰ぎたいと考えています。



セミナー進行(塩沢みどり)について
・ みどり先生が細かく質問を入れて下さったことで、先生のご説明がより分かり易くなりました。

・ とてもテキパキと仕切られていました。車座交流会や初日の自己紹介で質問者のサポートを
していただいたのも良かったです。

・ 一人一人の病気のことを良く分かっていて、本当は帯津先生に何を聞きたいのかを理解されているように思いました。

・ 話がより深まり、広がったと思います。

 帯津良一先生「呼吸法・気功実技指導」

・ とてもわかりやすく、気持ちの良い気功指導でした。



 
 お食事について
・ 素材の美味しさが本当によく引き出されていて、とにかく食べ過ぎたくなる程美味しかったです。

・ 農薬を使わない野菜は、味がしっかりとしていて歯ごたえも普段の野菜とは違いました。


ビタミンを壊さずに低速回転で絞る人参ジュースは大人気です
・ 自然のエネルギーをたくさん頂けた。
・ ボリュームもあり、つい食べ過ぎてしまいそうです。しかしながら、自然の味付けで大変美味しくいただきました。大地~農~食卓と考えさせられます。

からだにやさしい水輪特製自然食
自然農園散策について

気持ちイイ朝の農園散策

・ 自然農法の説明も大変良く納得できました。トウモロコシの話は特に良かったです。
本当に素晴らしい農園だと思います。

採れたてのお野菜をお持ち帰りパックとしてご用意しております

・ いのちの森~水輪~の環境も素晴らしいですが、この中で参加者の皆さまと交流できたこと。
そして帯津先生からご指導いただけたことに本当に感謝しております。
きれいで心休まる環境の中、お食事も大変美味しく、そしてスタッフの皆さまにも良くしていただき
ありがとうございました。お野菜の宅配も楽しみに待っております。

~帯津先生と塩沢みどりの名コンビが車座交流会をサポートいたします~

ここ、いのちの森~水輪~で
皆さま初めてあった方たちなのに
お帰りになられる頃には
本当に何年来の友人のように
ときには笑顔、ときには涙を見せながら
お別れをします。



参加者のみなさまが元気になって
お帰りになる姿を見て、私どもも元気をいただいております。