ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2010年12月31日金曜日

12月31日(金)財団法人いのちの森文化財団にご協力頂いた皆様へ

本年もいろいろとお世話になり誠にありがとうございました。
財団で開催されたセミナー、いのちの森の学校、青少年育成公開講座などご協力頂いた方々、感謝申し上げます。
来年はさらに飛躍の年となるよう、みなでがんばってゆきたいと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

2010年12月22日水曜日

12月22日(水)来年のいのち学テーマ決定!!

みなさんお待たせしました。
本年帯津先生のいのち学のテーマは「ホメオパシー」でした。

来年のテーマを帯津先生にお願いしていたのですが、今回は「統合医療原論」というテーマでご講義頂ける事になりました。
かなりおもしろそうな内容です。連続講座ではなく、各回単独講座になりますので、ご興味のある方はぜひご参加下さい。
2011年度 重点テーマ「統合医療原論」

日程と各回テーマ
第1回 5月27日(金)〜29日(日)
青雲の志を抱いて攻めの養生を果たしてゆく。
第2回7月29日(金)〜30日(日)
医療という「場」の自然治癒力を高める。
第 3 回 9月30日(金)〜10月2日(日)
戦術から戦略へ、そして直感。
第4回11月25日(金)~27日(日)
死生観を磨いて、一歩前へ
第5回 2012年
   3月23日(金)〜25日(日)
代替療法各論(ホメオパシー、漢方薬など)

これからチラシ、ホームページを作りますので、みなさん以下ホームページを時々チェックして下さいね。
http://inochinomori.or.jp/

2010年12月17日金曜日

12月17日(金)いのちの森の学校

2010年も年の瀬を迎えました。

今年も働く基礎練習として、多くの若者を受け入れてきましたが、
来年も引き続きここでの実習を希望する若者を募集します。

自宅では両親のもとで何も努力しなくても生きて行けてしまうため、
なかなか自立がむずかしのですが、
ここには大勢の道を同じく自立に向けて歩んでいる仲間がいます。

今日1歩前に踏み出せば、ほんの少しの前進でも、
1年後には大きな成長に変わってゆきます。

2010年12月16日木曜日

青少年育成講座 1級建築士 田中昭先生のお話

毎月1回開催される財団法人いのちの森文化財団の青少年育成公開講座が12月12日(日)開催されました。
田中先生は独学で建築を学び1級建築士の資格を取られた方で、今回建設中の多目的ホールの設計も手がけて頂いています。
環境に配慮した施設の設計など、様々なアイデアを盛り込んで、どんどんいろいろな施設の設計をされています。
何かを学ぶ時は、わからないことは恐れずにどんどん人に聞いて学ぶ姿勢が大切と実習生に教えて頂きました。
先生どうもありがとうございました。

2010年12月9日木曜日

12月9日(木) 心の探求

平成23年最初のセミナーは宮島基行阿闍梨の「心の探求」です。

生きる意味、本質的な人生の意味をわかりやすくお話いただき、本年はさらに日常生活に役立つご真言や前生や生まれ変わりのお話など、楽しいお話もして頂きます。

講師は高野山真言宗阿闍梨の宮島基行先生です。

講義では宮島先生にどんな質問でもOK。

また、参加者希望によりパワースポット戸隠神社か善光寺へ初詣に宮島先生と行きます。

ご希望の方には宮島先生の人生カウンセリングを受けていただくことも可能です。(別途料金)

詳しくは以下ホームページをご参照下さい。
http://www.suirin.com/

2010年12月7日火曜日

 12月7日(月) 養生塾が終了

今回は体調のすぐれない方も多かったのですが、無事終了しました。
参加者は少なめだったのですが、帯津先生のホメオパシーカウンセリング希望者は多く、その場でレメディーを処方して頂きました。
また質問の時間もたっぷり取っていただき、帯津三敬病院の予約も、すぐに帯津先生じきじきに取って頂きました。


これで年内の養生塾は終了です。
来年は3月25日(金)~28日(月)の開催です。
みなさんお楽しみに!!

2010年12月2日木曜日

12月2日(木) お茶の心を教えていただき感激

ちょっと遅くなりましたが、いのちの森文化財団では青少年育成公開講座として毎月、
各回の一流の講師をお招きし、公開講座を行って頂いております。

11月は茶道裏千家の山下宗洋先生にお点前をご指導頂きました。


静寂の中、かまでお湯を沸かして、お茶を先生にたてて頂き、作法に従ってお茶を実習生全員が頂きました。

初めてのお茶の体験でしたが、静寂の中で集中し、今になりきるということが、私たちが日頃おこなっている実習を通して自分を磨くということと非常に共通した要素があり、大変勉強になりました。


今、今、今の連続。そしてお茶を通しての目に見えないレベルでのその場にいる人たちの交流。すべてが新鮮でした。

今日は山下先生に教えていただいた、千利休の利休百種の言葉で締めくくりたいと思います。

「規矩作法守りつくして破るとも離るゝとても本を忘るな」