ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2010年8月7日土曜日

8/6 セミナーは学んでいる事を活かす実践の場

私たち水輪実習生は、畑、厨房、館内、母屋に分かれて実習をさせていただいています。

普段私たちがワークとしてやっている実習は、
主に週末に催されるワークショップやセミナーでお客様を迎い入れる為に日々実習しています。

いつも私たちが食べている食事の準備は、
レストランでお客様にお食事をお給仕するときが本番です。

食事作りは、厨房で補佐としてお食事を作るときに毎日やっていることが発揮されます。

約20名のスタッフ&実習生のご飯の片付けは、
セミナーで何十人ものお客様(ときには50人以上にもなります)が来られた時のため。

まあ、今日お話しているのは食事のことについてだけですが、
水輪の実習で重きを置かれているのは掃除、洗濯、食事作り、
と生活の基本ばかりです。プラス畑仕事。

私たちは普段すごくシンプルな生活をしています。

その中で迷い、悩み、一歩進んでは一歩後戻りする。

でも、自分の成長なんて気づかないのです。

そんな中で、セミナーは自分を試す実践の場なのです。

そういう場を与えてくださっている、お客様に日々感謝です。