ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2010年5月30日日曜日

5/30 帯津先生養生塾


みなさま、こんばんは。

本日、帯津良一先生の養生塾の3日目です。
今回もエネルギーが高まるようなすばらしいセミナーとなったと
思います。
帯津先生、参加者のみなさま、ありがとうございました。

参加された方のご感想を少しご紹介させて頂きます。

--
Oさん
講演:いつもながら、帯津先生の講演は内容もさることながら
お人柄がとても出ていて、パワーをもらえる感じがします。
これは、本では出せないモノだなぁといつも思います。
お食事:どれもやさしいお味おいしかったです。健康にも
とても配慮されていてまさしく「養生食」ですね。

Mさん
講演:帯津先生と近い距離で深い話ができてよかった。
帯津先生が考えていることがよく分かった会でよかった。
本を読んで感じた以上に、人間的にとても魅力のある方で、
私たち患者にとっても光となる方だと感じました。
車座交流Q&A:皆さんが考えていること、悩んでいること、
それに対しての先生の応えは、聞いていて勉強になった。
自分自身の問いにも満足できる答えをいただけて、自分
の今後の治療の方向性が見出せた。                               

初めての参加に、どんな講座になるのか期待と?!とでしたが、
参加者の皆さんが自分の素直な今の気持ちを語り、帯津先生は
ストレートに言葉を返し、本音で語り合える場であったことに
安心しました。

Nさん
車座交流Q&A:一番、今、引っかかっていることを即答して
頂き、悩みがスーっと消えていきました。
いつも「車座交流会」では、エネルギーをいただいております。
セミナー進行について:いつもみどり先生の進行のキレの良さに
感謝申し上げております。こちらの聞きたいだろう点を本当に
よく読んでいただき、私のような聞くのが下手な人間にとっては
本当に感謝です。

以上                                             

(担当:山下 )

2010年5月29日土曜日

5/21 青少年育成講座:テーマ「いのちを育む」

去る5月21日の青少年育成講座:テーマ「いのちを育む」が開催されました。
講師は県立農業大学校特別教授 田山重晴さんです。

田山さんは農業大学で様々な研究をされており、
自然栽培の無農薬りんごで有名な木村秋則さんの農法のお話や、
様々な農業に関するお話をして頂きました。

現在水輪ナチュラルファーム自然農園で農園実習を
日々実践している実習生にとっても、貴重なお話でした。

いろいろとお聞きしたくて、当初1時間の予定を
30分延ばして頂きました。

今様々な作物を植え付けしていますが、これからの
農園実習にたいへん参考になりました。

参加した青少年の感想を一部ご紹介させて頂きます。

●「いのちを育む」というテーマでの講演会で
どれだけ、自分自身が問題意識を持って生きるかで、
他人が見ている日常と自分の見ているん日常は、同じもの
でも、意識の違いで全然違うと話されておられました。(Eさん)

●田山先生のお話はエネルギーが高く、興味深い
ものでした。人間・生命・命には信じられない力があるなど
いいお話が聞けました。
自分の力を信じこれから歩んでいこうと思えました。(Kさん)    



田山さんありがとうございました。

担当:山下

2010年5月19日水曜日

5/18 自立支援・社会復帰支援・相互理解の講座

みなさまこんばんは。
本日の飯綱高原は、快晴で、青少年育成活動で
畑にまいた小松菜や大根が芽を出しました。

今回は、巽先生の講座にご参加されたAさんの
ご感想をご紹介させて頂きます。

参加者の方々が、いい表情でお帰りになられるのが
私たちにとっての喜びです。

Aさん
* セミナー内容についてのご感想・ご意見
我家のケースに合わせていただいた様な内容です。Bも私達も全く
解っていなかった心の問題について、これから、家庭に戻っても
正しい知識と親子でこの場を共有できた事。
本当に良い機会を与えて下さってありがとうございます。
これからも「勉強会」に通うという目的とみんなに会える事が私にとっては、
大きな支えとなっています。

* 講師について
巽先生の人柄、笑顔、お話のリズム、内容もわかりやすく、実例をあげながら
お話し下さるのでうれしいです。本当に感謝しています。

* セミナー進行(塩沢みどり)について
先生の話の進行が止まるのが少し気になりますが、自然の流れのなかで自由に
発言出来るきっかけを作って下さってとてもいい流れです。

* 食事について
毎食おいしい食事をありがとう。これからも、「水輪」に来る目的の80%は、厨房の
みさこさんの笑顔と、がんばってる姿を見る事です。ずーと、よろしくお願いします。

* 禅セラピー・経行(歩く禅セラピー)について
動きがあるので「経行」は、楽です。禅セラピー回数を増すごとに集中力が出来、
寝る前に坐禅をするとリラックスしてよく眠れます。

* カウンセリングについて
大変満足しています。今後もよろしくお願いします。

* ワークスタディーについて
短期で、短時間(2~3h)でしたが、農作業の大変さが実感できました。
終わった後の爽快感は、今迄味わった事のない感覚です。

----
2010年度 第2回講座 6月18日(金)~20日(日) 「子供を理解するプロセスを学ぶ」
1.子供の不安と苦痛の滋養対や様々な原因をよく知ることも重要です。いろいろな症例や実例を元にして

、子供の症状を様々な角度からみていきます。
2.よもぎセラピー
----

担当:山下

2010年5月18日火曜日

5/17 帯津良一先生 「いのち学」講座

みなさま、こんばんは。
本日の信州飯綱高原も快晴で、爽やかな一日となりました。

今回は、帯津良一先生の「いのち学」をご紹介させて頂きます。
この講座の趣旨は、「いのちを中心にした医療を学びたい方」
を対象に、帯津先生にその医療の姿勢を学ぶことにあります。

2010年度の重点テーマは「ホメオパシー」
で、医療従事者の方や、ホメオパシーを学びたい方なら、
どなたでもご参加頂けます。

第1回講座は、 5月28日(金)~ 30日(日)
の日程で行われます。
概要は以下の通りです。

第1回 ホメオパシー事始め            
ホメオパシーは代替療法/常に患者さんの情報が必要/ 
心身に優しく安価な療法/ホメオパシーと漢方薬/その効果に本当に驚いた
 

(参考図書:『帯津良一のホメオパシー療法』 出版社: ビイング・ネット・プレス)


帯津先生からホメオパシーが学べる貴重な機会
でもある為、申し込みが多く集まっております。

あと数名分は定員に余裕がありますので、
興味・ご関心のおありの方はこちらの詳細
をごらん頂き、お申し込み下さいませ。

私自身もホメオパシーをはじめて以来、
病院にはかからなくなり、本当に
助かっております。
よろしくお願い致します。

担当 山下

2010年5月16日日曜日

5/16 巽信夫先生 講座のご案内

みなさま、こんばんは。

本日、5月16日は、いのちの森文化財団の理事会が
東京で開かれました。
平成21年度の事業報告・決算報告に加えて、
公益法人化について話し合われたことと思います。

今日の信州飯綱高原は、大変よい天気で
青少年育成実習では、大自然の中の畑作業で、
迅速・正確な草取りなど仕事力・集中力・持続力・忍耐力を
養う実習を行いました。

皆さんそれぞれ、懸命にがんばっていました。

今回は、来月行われる巽信夫先生の講座のことを
少しご紹介させていただきたいと思います。

この講座では、
前信州大学医学部精神医学教室助教授で、現在、
信州大学病院メンタルヘルス外来専任医の巽信夫先生から、

青少年から成人まで、自立のプロセスで、様々な課題を抱えて
いらっしゃる方々、及びご家族を対象にして、自立にむけて、
どのようにしたらよいのか、実践的に学んでいきます。

ご希望の方は、巽先生の個人カウンセリングや
家族カウンセリング(要予約・会費別途)を受けることが
できますので、一般的な病院の診察や行政機関の相談で
解決が見出しにくい方も、解決の糸口が見出せることもあるのでは
ないかと思います。

前回の講座も参加者の方から多くの質問がたくさん出て
活発な講座になりました。



次回は、
第2回 6月18日(金)~20日(日)
「子供を理解するプロセスを学ぶ」
子供の不安と苦痛の状態や、その様々な原因をよく知ることも重要です。
いろいろな症例や実例を元にして、子供の症状を様々な角度からみていきます。

みなさまのご参加をお待ちいたしております。

2010年5月15日土曜日

5/15 よろしくお願いいたします

みなさま、こんにちは。
いのちの森文化財団のブログを担当させて頂くことになりました山下薫と申します。
よろしくお願い致します。

このブログでは、当財団のタイムリーな話題や
活動の実際が分かるようなこと、
ぜひみなさまにお伝えしたいことなどを
ご紹介して参りたいと思います。

今年は、セミナーも多く開催されますので、
どんどんご紹介していきたいと思います。
ぜひ、チェックして頂きたくお願いします。
どうぞよろしくお願い致します。