ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2010年12月31日金曜日

12月31日(金)財団法人いのちの森文化財団にご協力頂いた皆様へ

本年もいろいろとお世話になり誠にありがとうございました。
財団で開催されたセミナー、いのちの森の学校、青少年育成公開講座などご協力頂いた方々、感謝申し上げます。
来年はさらに飛躍の年となるよう、みなでがんばってゆきたいと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

2010年12月22日水曜日

12月22日(水)来年のいのち学テーマ決定!!

みなさんお待たせしました。
本年帯津先生のいのち学のテーマは「ホメオパシー」でした。

来年のテーマを帯津先生にお願いしていたのですが、今回は「統合医療原論」というテーマでご講義頂ける事になりました。
かなりおもしろそうな内容です。連続講座ではなく、各回単独講座になりますので、ご興味のある方はぜひご参加下さい。
2011年度 重点テーマ「統合医療原論」

日程と各回テーマ
第1回 5月27日(金)〜29日(日)
青雲の志を抱いて攻めの養生を果たしてゆく。
第2回7月29日(金)〜30日(日)
医療という「場」の自然治癒力を高める。
第 3 回 9月30日(金)〜10月2日(日)
戦術から戦略へ、そして直感。
第4回11月25日(金)~27日(日)
死生観を磨いて、一歩前へ
第5回 2012年
   3月23日(金)〜25日(日)
代替療法各論(ホメオパシー、漢方薬など)

これからチラシ、ホームページを作りますので、みなさん以下ホームページを時々チェックして下さいね。
http://inochinomori.or.jp/

2010年12月17日金曜日

12月17日(金)いのちの森の学校

2010年も年の瀬を迎えました。

今年も働く基礎練習として、多くの若者を受け入れてきましたが、
来年も引き続きここでの実習を希望する若者を募集します。

自宅では両親のもとで何も努力しなくても生きて行けてしまうため、
なかなか自立がむずかしのですが、
ここには大勢の道を同じく自立に向けて歩んでいる仲間がいます。

今日1歩前に踏み出せば、ほんの少しの前進でも、
1年後には大きな成長に変わってゆきます。

2010年12月16日木曜日

青少年育成講座 1級建築士 田中昭先生のお話

毎月1回開催される財団法人いのちの森文化財団の青少年育成公開講座が12月12日(日)開催されました。
田中先生は独学で建築を学び1級建築士の資格を取られた方で、今回建設中の多目的ホールの設計も手がけて頂いています。
環境に配慮した施設の設計など、様々なアイデアを盛り込んで、どんどんいろいろな施設の設計をされています。
何かを学ぶ時は、わからないことは恐れずにどんどん人に聞いて学ぶ姿勢が大切と実習生に教えて頂きました。
先生どうもありがとうございました。

2010年12月9日木曜日

12月9日(木) 心の探求

平成23年最初のセミナーは宮島基行阿闍梨の「心の探求」です。

生きる意味、本質的な人生の意味をわかりやすくお話いただき、本年はさらに日常生活に役立つご真言や前生や生まれ変わりのお話など、楽しいお話もして頂きます。

講師は高野山真言宗阿闍梨の宮島基行先生です。

講義では宮島先生にどんな質問でもOK。

また、参加者希望によりパワースポット戸隠神社か善光寺へ初詣に宮島先生と行きます。

ご希望の方には宮島先生の人生カウンセリングを受けていただくことも可能です。(別途料金)

詳しくは以下ホームページをご参照下さい。
http://www.suirin.com/

2010年12月7日火曜日

 12月7日(月) 養生塾が終了

今回は体調のすぐれない方も多かったのですが、無事終了しました。
参加者は少なめだったのですが、帯津先生のホメオパシーカウンセリング希望者は多く、その場でレメディーを処方して頂きました。
また質問の時間もたっぷり取っていただき、帯津三敬病院の予約も、すぐに帯津先生じきじきに取って頂きました。


これで年内の養生塾は終了です。
来年は3月25日(金)~28日(月)の開催です。
みなさんお楽しみに!!

2010年12月2日木曜日

12月2日(木) お茶の心を教えていただき感激

ちょっと遅くなりましたが、いのちの森文化財団では青少年育成公開講座として毎月、
各回の一流の講師をお招きし、公開講座を行って頂いております。

11月は茶道裏千家の山下宗洋先生にお点前をご指導頂きました。


静寂の中、かまでお湯を沸かして、お茶を先生にたてて頂き、作法に従ってお茶を実習生全員が頂きました。

初めてのお茶の体験でしたが、静寂の中で集中し、今になりきるということが、私たちが日頃おこなっている実習を通して自分を磨くということと非常に共通した要素があり、大変勉強になりました。


今、今、今の連続。そしてお茶を通しての目に見えないレベルでのその場にいる人たちの交流。すべてが新鮮でした。

今日は山下先生に教えていただいた、千利休の利休百種の言葉で締めくくりたいと思います。

「規矩作法守りつくして破るとも離るゝとても本を忘るな」

2010年8月7日土曜日

8/6 セミナーは学んでいる事を活かす実践の場

私たち水輪実習生は、畑、厨房、館内、母屋に分かれて実習をさせていただいています。

普段私たちがワークとしてやっている実習は、
主に週末に催されるワークショップやセミナーでお客様を迎い入れる為に日々実習しています。

いつも私たちが食べている食事の準備は、
レストランでお客様にお食事をお給仕するときが本番です。

食事作りは、厨房で補佐としてお食事を作るときに毎日やっていることが発揮されます。

約20名のスタッフ&実習生のご飯の片付けは、
セミナーで何十人ものお客様(ときには50人以上にもなります)が来られた時のため。

まあ、今日お話しているのは食事のことについてだけですが、
水輪の実習で重きを置かれているのは掃除、洗濯、食事作り、
と生活の基本ばかりです。プラス畑仕事。

私たちは普段すごくシンプルな生活をしています。

その中で迷い、悩み、一歩進んでは一歩後戻りする。

でも、自分の成長なんて気づかないのです。

そんな中で、セミナーは自分を試す実践の場なのです。

そういう場を与えてくださっている、お客様に日々感謝です。

2010年6月1日火曜日

5/31 帯津良一先生 「養生塾」開催

みなさま、こんばんは。

本日は、帯津良一先生の「養生塾」3泊4日コースの全日程が終了しました。
お忙しい方向けに2泊3日コースでもご参加いただけるのですが、
お時間が取れる方は、3泊コースをできるだけおすすめさせて頂いております。

参加者の方々同士で、より深い情報交換などもでき、
みなさま本当に満足されたご様子でお帰りになられました。

昨日に引き続き、養生塾ご参加の方のたくさんのご感想から
一部ををご紹介させて頂きます。


-----

Mさん
・講演:人間味があふれてとても楽しく勉強になりました。
・車座交流Q&A:帯津先生ならではのご回答で、やはり、
この会の一番有意義だった時間だと思いました。
・セミナー:帯津先生のサポートとしてさいてきの進行役だと思います。

Yさん
期待していた以上のすばらしい体験でした。帯津先生、塩沢ご夫妻の
大きさ、温かさを直接肌で感じることができて大変ありがたく感謝しています。
スタッフの皆さんにもとてもよくしていただきました。
私はグリーンオアシスに泊めていただきましたが、清潔でとても
快適に過ごすことができました。
お食事は毎食とてもたのしみでした。
申し分のないおいしくて体にやさしい食事で幸せでした。
本当にありがとうございました。
「きっと治る」を信じてこれからも治療を続けて行きます!

-----

※写真は、「帯津良一先生 気功実技指導+Q&Aの様子」です

担当:山下

2010年5月30日日曜日

5/30 帯津先生養生塾


みなさま、こんばんは。

本日、帯津良一先生の養生塾の3日目です。
今回もエネルギーが高まるようなすばらしいセミナーとなったと
思います。
帯津先生、参加者のみなさま、ありがとうございました。

参加された方のご感想を少しご紹介させて頂きます。

--
Oさん
講演:いつもながら、帯津先生の講演は内容もさることながら
お人柄がとても出ていて、パワーをもらえる感じがします。
これは、本では出せないモノだなぁといつも思います。
お食事:どれもやさしいお味おいしかったです。健康にも
とても配慮されていてまさしく「養生食」ですね。

Mさん
講演:帯津先生と近い距離で深い話ができてよかった。
帯津先生が考えていることがよく分かった会でよかった。
本を読んで感じた以上に、人間的にとても魅力のある方で、
私たち患者にとっても光となる方だと感じました。
車座交流Q&A:皆さんが考えていること、悩んでいること、
それに対しての先生の応えは、聞いていて勉強になった。
自分自身の問いにも満足できる答えをいただけて、自分
の今後の治療の方向性が見出せた。                               

初めての参加に、どんな講座になるのか期待と?!とでしたが、
参加者の皆さんが自分の素直な今の気持ちを語り、帯津先生は
ストレートに言葉を返し、本音で語り合える場であったことに
安心しました。

Nさん
車座交流Q&A:一番、今、引っかかっていることを即答して
頂き、悩みがスーっと消えていきました。
いつも「車座交流会」では、エネルギーをいただいております。
セミナー進行について:いつもみどり先生の進行のキレの良さに
感謝申し上げております。こちらの聞きたいだろう点を本当に
よく読んでいただき、私のような聞くのが下手な人間にとっては
本当に感謝です。

以上                                             

(担当:山下 )

2010年5月29日土曜日

5/21 青少年育成講座:テーマ「いのちを育む」

去る5月21日の青少年育成講座:テーマ「いのちを育む」が開催されました。
講師は県立農業大学校特別教授 田山重晴さんです。

田山さんは農業大学で様々な研究をされており、
自然栽培の無農薬りんごで有名な木村秋則さんの農法のお話や、
様々な農業に関するお話をして頂きました。

現在水輪ナチュラルファーム自然農園で農園実習を
日々実践している実習生にとっても、貴重なお話でした。

いろいろとお聞きしたくて、当初1時間の予定を
30分延ばして頂きました。

今様々な作物を植え付けしていますが、これからの
農園実習にたいへん参考になりました。

参加した青少年の感想を一部ご紹介させて頂きます。

●「いのちを育む」というテーマでの講演会で
どれだけ、自分自身が問題意識を持って生きるかで、
他人が見ている日常と自分の見ているん日常は、同じもの
でも、意識の違いで全然違うと話されておられました。(Eさん)

●田山先生のお話はエネルギーが高く、興味深い
ものでした。人間・生命・命には信じられない力があるなど
いいお話が聞けました。
自分の力を信じこれから歩んでいこうと思えました。(Kさん)    



田山さんありがとうございました。

担当:山下

2010年5月19日水曜日

5/18 自立支援・社会復帰支援・相互理解の講座

みなさまこんばんは。
本日の飯綱高原は、快晴で、青少年育成活動で
畑にまいた小松菜や大根が芽を出しました。

今回は、巽先生の講座にご参加されたAさんの
ご感想をご紹介させて頂きます。

参加者の方々が、いい表情でお帰りになられるのが
私たちにとっての喜びです。

Aさん
* セミナー内容についてのご感想・ご意見
我家のケースに合わせていただいた様な内容です。Bも私達も全く
解っていなかった心の問題について、これから、家庭に戻っても
正しい知識と親子でこの場を共有できた事。
本当に良い機会を与えて下さってありがとうございます。
これからも「勉強会」に通うという目的とみんなに会える事が私にとっては、
大きな支えとなっています。

* 講師について
巽先生の人柄、笑顔、お話のリズム、内容もわかりやすく、実例をあげながら
お話し下さるのでうれしいです。本当に感謝しています。

* セミナー進行(塩沢みどり)について
先生の話の進行が止まるのが少し気になりますが、自然の流れのなかで自由に
発言出来るきっかけを作って下さってとてもいい流れです。

* 食事について
毎食おいしい食事をありがとう。これからも、「水輪」に来る目的の80%は、厨房の
みさこさんの笑顔と、がんばってる姿を見る事です。ずーと、よろしくお願いします。

* 禅セラピー・経行(歩く禅セラピー)について
動きがあるので「経行」は、楽です。禅セラピー回数を増すごとに集中力が出来、
寝る前に坐禅をするとリラックスしてよく眠れます。

* カウンセリングについて
大変満足しています。今後もよろしくお願いします。

* ワークスタディーについて
短期で、短時間(2~3h)でしたが、農作業の大変さが実感できました。
終わった後の爽快感は、今迄味わった事のない感覚です。

----
2010年度 第2回講座 6月18日(金)~20日(日) 「子供を理解するプロセスを学ぶ」
1.子供の不安と苦痛の滋養対や様々な原因をよく知ることも重要です。いろいろな症例や実例を元にして

、子供の症状を様々な角度からみていきます。
2.よもぎセラピー
----

担当:山下

2010年5月18日火曜日

5/17 帯津良一先生 「いのち学」講座

みなさま、こんばんは。
本日の信州飯綱高原も快晴で、爽やかな一日となりました。

今回は、帯津良一先生の「いのち学」をご紹介させて頂きます。
この講座の趣旨は、「いのちを中心にした医療を学びたい方」
を対象に、帯津先生にその医療の姿勢を学ぶことにあります。

2010年度の重点テーマは「ホメオパシー」
で、医療従事者の方や、ホメオパシーを学びたい方なら、
どなたでもご参加頂けます。

第1回講座は、 5月28日(金)~ 30日(日)
の日程で行われます。
概要は以下の通りです。

第1回 ホメオパシー事始め            
ホメオパシーは代替療法/常に患者さんの情報が必要/ 
心身に優しく安価な療法/ホメオパシーと漢方薬/その効果に本当に驚いた
 

(参考図書:『帯津良一のホメオパシー療法』 出版社: ビイング・ネット・プレス)


帯津先生からホメオパシーが学べる貴重な機会
でもある為、申し込みが多く集まっております。

あと数名分は定員に余裕がありますので、
興味・ご関心のおありの方はこちらの詳細
をごらん頂き、お申し込み下さいませ。

私自身もホメオパシーをはじめて以来、
病院にはかからなくなり、本当に
助かっております。
よろしくお願い致します。

担当 山下

2010年5月16日日曜日

5/16 巽信夫先生 講座のご案内

みなさま、こんばんは。

本日、5月16日は、いのちの森文化財団の理事会が
東京で開かれました。
平成21年度の事業報告・決算報告に加えて、
公益法人化について話し合われたことと思います。

今日の信州飯綱高原は、大変よい天気で
青少年育成実習では、大自然の中の畑作業で、
迅速・正確な草取りなど仕事力・集中力・持続力・忍耐力を
養う実習を行いました。

皆さんそれぞれ、懸命にがんばっていました。

今回は、来月行われる巽信夫先生の講座のことを
少しご紹介させていただきたいと思います。

この講座では、
前信州大学医学部精神医学教室助教授で、現在、
信州大学病院メンタルヘルス外来専任医の巽信夫先生から、

青少年から成人まで、自立のプロセスで、様々な課題を抱えて
いらっしゃる方々、及びご家族を対象にして、自立にむけて、
どのようにしたらよいのか、実践的に学んでいきます。

ご希望の方は、巽先生の個人カウンセリングや
家族カウンセリング(要予約・会費別途)を受けることが
できますので、一般的な病院の診察や行政機関の相談で
解決が見出しにくい方も、解決の糸口が見出せることもあるのでは
ないかと思います。

前回の講座も参加者の方から多くの質問がたくさん出て
活発な講座になりました。



次回は、
第2回 6月18日(金)~20日(日)
「子供を理解するプロセスを学ぶ」
子供の不安と苦痛の状態や、その様々な原因をよく知ることも重要です。
いろいろな症例や実例を元にして、子供の症状を様々な角度からみていきます。

みなさまのご参加をお待ちいたしております。

2010年5月15日土曜日

5/15 よろしくお願いいたします

みなさま、こんにちは。
いのちの森文化財団のブログを担当させて頂くことになりました山下薫と申します。
よろしくお願い致します。

このブログでは、当財団のタイムリーな話題や
活動の実際が分かるようなこと、
ぜひみなさまにお伝えしたいことなどを
ご紹介して参りたいと思います。

今年は、セミナーも多く開催されますので、
どんどんご紹介していきたいと思います。
ぜひ、チェックして頂きたくお願いします。
どうぞよろしくお願い致します。