ブログ説明


公益財団法人いのちの森文化財団は、「地球全体のいのちの営み」を根底に据え、いのちあるものすべいてが仲間同士であるという意識〔ユニバーサル・ユニティー〕を創造し、
自然と調和した文化の振興発展を目指すとともに、人々の心の豊かな地域社会の形成に寄与することを目的とした財団です。
ご感想・お問合せは、メール zaidan@inochinomori.or.jp までお願いいたします。

2016年6月3日金曜日

養生塾無事終了しました。

みなさん、こんにちは!!先日は、帯津先生の養生塾が無事に終了しました。
セミナーには、がんの患者さんや、いろいろなご病気を抱えられた方たちが、帯津先生に会いにいらっしゃいます。水輪に滞在され、車座交流会などで、帯津先生に直に質問して、自分の不安な思いを打ち明けたり、的確な治療法をセカンドオピニオンとしていただいたり、先生の生き方、死生観から学ぶことがあったり、患者さん同士で交流があったり、みなさん、いらっしゃるときには暗いお顔をされていた方も、帰る時には明るいお顔になられて帰って行かれます。
 みなさんに、良い場で過ごしていただけるよう、エネルギーの高い良い会になるよう、私たちは、裏でサポートさせていただいています。
 実際に、ご病気を抱え、心ぼそい気持ちで来られる方にも元気になって帰っていただけるよう、心からのおもてなしを、ぶっつけ本番でさせていただいています。

セミナーの合間にみんなでほっと一息、お食事を皆さんにお出しした後の、朝食はおいしいなあ!
帯津良一先生も青少年のソーラン節をを大絶賛!!
養生塾を影で支える館内メンバー
頑張れー!!

2016年1月4日月曜日

中健次郎先生の「お正月 自己変容 気功合宿 出版記念 気功合宿 (病気にならず長生きできる-気功DVDブック)」が開催されました。

中健次郎先生の「お正月 自己変容 気功合宿 出版記念 気功合宿 (病気にならず長生きできる-気功DVDブック)」が開催されました。

年末年始を中先生の本物の気功三昧で過ごす、贅沢な年越しとなりました。
昨年1年間の総まとめとしあて、また愛と平安と喜びに満ちた2016年をスタートするよい合宿になったと思います。


ここに参加者の感想文の一部をご紹介させていただきます。


S.Mさん
長い間願っていた水輪での合宿がようやく叶えられてうれしかった。
スタッフの、どこであっても丁寧なやさしい対応と隅々にまで清めて働いている姿に、
なんとも心地よさを感じ、禅の修行僧に出会ったような清らかさを感じた。
食事もどれも体に素直に入ってくれる素材と味で、1日2食で十分に心も体も満足だった。
日常いかに余分なものを食べすぎているかに気づかされた。
朝の雪道の散歩も気持ちよく、遠くの山々や森や空を眺めることも忘れていた東京での
忙しさにしばし距離を置くことができた。
これだけでも新しい細胞が活性化してくるのに、中健次郎先生の気功合宿で、
自分の固まっていた体も、意識もゆるめ広げることができた。
先生個人指導をしていただき、私は顔や首や心臓のところい悲鳴を上げっぱなしの痛さを感じ驚いてしまった。
思った以上に疲れていたのだと気が付いた。
夜も雑念が浮かび、眠っているのかいないのかという感じなのに、ルームメイトには、
何度か夜中に「イビキがすごい病院で診てもらった方がいい」と注意される程である。
自分の手当てをしてあげなければと、痛感。
これから水輪に通い、もっと自由に心も体もしていきたい。

T.Aさん
今回、妻に勧められて中健次郎先生の気功合宿に参加させていただきました。
水輪の理念と迎えてくださった水輪のスタッフの皆さまの心遣いとおもてなしに、
大変感銘を受けました。
気功というものに触れるのは初めての体験で、たくさんの「気づき」がありました。
気功の技術の習得では、素人で悪戦苦闘でしたが、気功するとき心を整えることが
大変に重要であると実感しました。
長い人生で、心の中に過去のいやなことが沢山残っていて、自分自身で思い出して
自分を苦しめていることが分かりました。
嫌な事、嫌な思いをエネルギーとして投げ捨て宇宙に返したら、心が合宿に参加する前より
かなり軽くなった気がします。
心を空にして、真の愛をもって人に接することで喜びを感じることができれば、
幸福になれると実感しました。
中先生にはご指導を頂きまして、心から感謝いたします。
合宿後も日々の生活の中で、教えていただいたことを1つづつ実践して、心と体を整えて、
家屋一同でこれからの人生についても笑顔がある、充実したものにしていきたいと思います。
本当にありがとうございました。
最後に、この合宿に誘ってくれた妻に心から感謝したいと思います。